登山・トレイルランニング

【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥の出身地「日の出山」に登ってきた話。【聖地巡礼】

こんにちは。

立川の女性専門パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」の浅野です。

先日に引き続き、今回も鬼滅の刃をテーマとした山に登ってきた。

今回登ったのは「日の出山」だ。

日の出山ってどこにあるの?

日の出山(ひのでやま)は、東京の奥多摩にある標高902mの山。

関東平野や奥多摩の山々を一望することができる。

悲鳴嶼行冥の出身地

鬼滅の刃ファンならご存知、悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)という人物がいる。

殺鬼隊のトップ「柱」の中でも、最強と呼ばれている男。

日の出山は、そんな彼の出身地なのである。

【鬼滅の刃】主な登場人物の出身地】

  • 雲取山(竈門炭治郎)
  • 大岳山(嘴平伊之助)
  • 景信山(時透無一郎)
  • 日の出山(悲鳴嶼行冥)

 

ルート

【武蔵五日市駅からピストン(日帰り)】

【行き】JR武蔵五日市駅 → 金比羅山 → 麻生山 → 日の出山

【帰り】日の出山 → 麻生山 → 金比羅山 → JR武蔵五日市駅

今回は、JR武蔵五日市駅からピストンするルートで登った。

一般登山での標準コースタイムが往復7時間ほど。

私はトレイルランニング形式なので、3時間半ほどだった。

自分の中では、だいたい標準コースタイムの半分 ~ 2/3程度の時間で登ることができるというデータがある。

もちろん、距離や標高差、季節、荷物の重さによって変わるが、普段の登山からこうしたデータを取っておくことは大切だと感じる。

登山初心者でもラクに登れる方法!

日の出山に登るにはいくつかのルートがある。

その中でも、御岳山経由で登る方法が一番ラクだ。

JR御嶽駅からバスとケーブルカーを利用して御岳山駅まで行き、そこから日の出山に登るルート。

この場合、だいたい1時間ほどで日の出山にたどり着くことができる。

帰りも同じルートで帰れば、登山初心者でもラクに登ることができる。

登山にはそこまで興味ないけど、聖地巡礼として訪れたいという方にはオススメだ。

いざ出発!

朝5:30 JR武蔵五日市駅に到着。

電車でも良かったのだが、今回も一応自家用車で来た。一応。

駅前に有料の大型駐車場(Times)があるから便利。

登山口まで少し歩く

武蔵五日市駅から登山口までのアクセスがやや複雑。

山で遭難する確率より高いんじゃないかと思った。

誰の参考になるか分からないが、一応写真を撮ってきたので参考にしていただきたい。

JR武蔵五日市駅から、檜原街道(33号線)を檜原村方面に進む。

 

「モーターパーク M’2」が見えてきたら、路地を右に曲がる。

 

左手に五日市中学校が見えてくるので直進する。

 

突き当たりを左に曲がる。

 

自販機のある交差点を右に曲がる。「金比羅山」方面に進めばOK。

 

分岐を右に進めばまもなく登山口。

 

最後の分岐を右に進むと登山口だ。

地図で見るとわかりにくいが、所々に標識が立っているので「日の出山」または「金比羅山」方面に進めば大丈夫だ。

 

まずは金比羅山へ

6:00ちょうど、登山開始。

先ほどまでの住宅街とは異なり、一気に山の景色に切り替わる。

 

登ること15分、金比羅公園に到着。

まだ登り始めてわずかなのに、綺麗な景色が目の前に広がる。

琴平神社でご挨拶してから先に進みます。

 

日の出山まで続く金比羅尾根は、緩やかな傾斜で、こんな感じの走りやすいトレイルが続く。

 

人が少ないので、野生動物の目撃情報もいくつか報告されている。

私は、熊鈴はもちろんのこと、山ラジオをいつも携帯している。

 

急登と呼ぶほどではないが、所々こんな感じの登りも続く。

 

分岐ポイントがいくつか現れるが「日の出山」方面に進めばOK。

 

事件発生…

快調に登り、もうすぐ山頂というところで事件発生。

お分かりいただけただろうか….

 

ニホンカモシカです。

目が悪かったらたぶん何も気付かずにそのまま通り過ぎたんだろうが、良いのか悪いのか、視力が裸眼で「1.2」ほどあるので、目と目が合った瞬間

 

うぉぉぉぉぉぉぉーーー!!!

 

なんて叫んでしまいましたよ。

 

山の中で「うぉぉぉーーーーー!!」シリーズは、昨年の富士登山以来です。

あの時は、本当に死ぬかと思いました。

富士山を0合目から日帰りで登ったら、想像以上に修羅場だった話。今年も『富士山を少しでもツラく登りたい症候群』が発症しまして、先日、登ってまいりました。 今回で3回目となる富士登山。 1回...

動物は大好きですが、山の中で何時間も人と合わないところに、急に目の前に現れるもんだから腰抜かすかと思いました。

飛びかかってくるんじゃないかと警戒し、手を振ってみたり、ぽんぽん拍手してみたり、熊鈴をチャリチャリさせても、なにも動じず。

呆れたのか、サッと去って行きました。

 

日の出山に到着

7:44 日の出山山頂に到着。

山頂からは、奥多摩の山々から東京の街並みを一望することができる。

やや雲がかった天気だったけれど、遠くにスカイツリーも見えた。

いつもランニングしている多摩湖やメットライフドーム(西武ドーム)もよく見えて、普段は向こうから山の景色を眺めているので、それも面白い感覚だった。

 

お決まりのポーズ

さて、冒頭でもお伝えしたように、日の出山は、悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の出身地とされている場所。

ということで

周りに誰一人いなかったから良かったものの、恥ずかしい限りでございます。

これで、鬼滅の刃の主な登場人物の出身地を全制覇です。

ということで速攻で下山。

9:30に登山口まで戻ることができました。(登り始めたのが6:00くらいなので、往復3時間半ほど)

 

この日、カモシカの次に驚いたのが、五日市市内の自販機でモンスターが180円(平均相場が210円くらい)で売っていたことです。

 

ではまた次回。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
立川の女性専用パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーとしての知識を習得。『健康美』をテーマとして、過去に10,000人以上の女性のダイエットやボディメイクをサポート。「好きなものを食べながら、楽しく運動して痩せる」指導を得意とする。アームレスリング元世界ランク3位。トレーニング歴20年。現在はトライアスロンとトレイルランニングに挑戦中。