Pilates

Basi Pilates養成コースModule1終了。

ピラティスに夢中になるあまり、気付けば1ヶ月もブログを更新していませんでした。

そう、先週からBasi Pilates養成コース(マットコース)がついに始まったのです。

マットの養成コースは約3ヶ月間、全6回でおこなわれます。先週、第1回目(Modeule1)を受講してきました。ピラティス超初心者の僕は、自分のスキルを磨くこともそうですが「とにかく周りの足を引っ張ってはいけない!」という気持ちで臨みました。

なので、養成コースがはじまる1ヶ月以上前から、毎日ピラティススタジオzen placeで色んな先生のレッスンを受けるようにしていました。仕事を終えて、夜2本連続でレッスンを受けて、夕飯を食べて、寝る前にまた1時間の自己練習をする、という繰り返し。その甲斐あって、なんとか無事に1回目は終了しました。

一番あせったのは、突発的に始まった2分間の自己紹介でしょうか。一番前に座っていた僕から始まるというハプニング。

「しなやかなカラダをつくりたいから」とか「体幹の大切さを知ったから」とか「妖精のような軽やかな動きになりたいから」とか、プロが集まるこの場でそんなライトなこと言えないぞ… と本当にあせりました。なんとか一瞬で考えをまとめました。

ちなみに養成コース生は15人ほどで、男性は僕一人でした。仕事柄、女性と毎日接しているので、そこはなにも心配なかったかなと。むしろ居心地がいいくらいでした。

ただ、みんな脚長っ!!って思いました。僕の頭の位置に腰があるのでは?くらいのド級のスタイル。TWICE? かと思いました。ヨガのインストラクターやバレエ出身の方が多い印象でした。

トレーナーの僕からすると「どうやったらそんなスタイル良くなるんですか?」と聞きたくなるくらい。背筋もピン!と伸びていて、さすが先生の卵だなと感じました。

指導力ももちろんですが、説得力のある体ってすごく大切だと感じています。というのも、視覚からの情報って一番影響を受けやすいからです。トレーナー系のセミナーに参加すると、姿勢が悪かったり、体が硬かったりする方が多く「まず自分じゃない?」と思うことが結構あるんです。(余計なお世話)

これから隔週で養成コースに通うことになります。次回のModuleまでに今回教わった内容をしっかり復習し、できれば毎日スタジオでレッスンを受け、ピラティス力を磨いていきます。

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京都立川市の女性専門パーソナルトレーニングジム『ASANO』代表。米国サンタモニカにて修行を積んだ後、24歳の時、表参道に女性専門パーソナルトレーニングジムをオープン。半年以上予約のとれないトレーナーとなり、10,000人以上の女性のボディメイクに携わる。現在は立川市に移転し、ピラティスを中心とした指導をおこなう。【実績】アームレスリング世界選手権-57kg級3位、全日本ジュニア・全国高校選手権2年連続優勝【活動】登山、トレイルラン、トライアスロン【座右の銘】やってみなきゃわからないでしょう