Life Style

巻いて、巻いて、巻きまくる。

今年の春くらいの話になりますが、フライフィッシングをはじめました。

【フライフィッシングとの出会い】これは奇跡か偶然か。釣りのことしか頭にない日々。僕みたいに仕事も趣味も"肉体労働屋"だと「釣りなんか退屈なだけだろ」って思ったわけだけど、そんな過去の自分に往復ビンタしてあげたい。 ...

釣りには興味がないけれど、なぜかフライフィッシングだけは惹きつけられるものがあったのです。

その理由の一つが「フライタイイング」です。仕掛けとなる毛鉤(けばり)を自分で巻くというもの。「自分で巻いた毛鉤で釣るのか。面白そうだな」と直感的に感じたのがキッカケです。

まだ一度もフライの経験がないので、まずは既製品で試してみようかな、とも考えました。が、どうも性に合わないようで「とりあえず何でもやってみる主義」なので、思い切ってフライタイイングに挑戦してみることにしました。

フライタイイングを始めるといっても何からはじめて良いのか完全に分からない状態。というのも、目が回りそうなほど膨大な種類のマテリアルがあるから。

ただでさえフライフィッシングを扱うショップは希少だというのに、このマテリアルの量ですから、フライフィッシングは敷居が高いと言われるのも無理もないと思いました。

すると、ずらーっと並んでいるマテリアルの傍にこんなものを発見しました。

「フライタイングスターターキットDX(はじめてのフライタイイング ベーシック編)」

フライタイイングに必要なツールやマテリアル、DVDがセットになったものです。エルクヘアカディスやマラブーリーチなどの王道パターンが巻けるとのこと。「これを見れば、巻ける」と書かれていたので試しに購入してみました。

バイスからボビン、ハーフヒッチャー、ヘアスタッカー、ハックルプライヤーなどのツールが含まれています。一つ一つ自分好みのツールを揃える手段もありますが、それは追い追いすることに。

コストはかかりますが、一式揃っているのは初心者の僕にとってはとてもありがたい。特にドレッシング用マテリアル(獣毛や羽根、合成繊維など)は星の数ほどありますので、初心者が自力で選ぶのは至難とも言えます。

ドライフライの代表、エルクヘアカディスを巻いてみました。巻いて、映像を止めて、巻いて、映像を止めて、の繰り返しなので慣れるまでが結構大変でした。丁寧に巻くのもそうですが、まずは感覚を身につけるために、とりあえず「数をこなすこと」を目標にしました。

こちらがマラブーリーチ。僕のお気に入りパターンです。

父親からマラブーはよく釣れると聞いていたので、別のカラーのハックルを購入して、数パターン巻いてみました。決して器用ではないけれど、付属のDVDが分かりやすかったので、我ながら上手に巻けました。

巻くことが目標ではないけれど、これはこれで楽しい。しばらくは”マニュアル”に従って、巻まくりたいと思います。

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京都立川市の女性専門パーソナルトレーニングジム『ASANO』代表。米国サンタモニカにて修行を積んだ後、24歳の時、表参道に女性専門パーソナルトレーニングジムをオープン。半年以上予約のとれないトレーナーとなり、10,000人以上の女性のボディメイクに携わる。現在は立川市に移転し、ピラティスを中心とした指導をおこなう。【実績】アームレスリング世界選手権-57kg級3位、全日本ジュニア・全国高校選手権2年連続優勝【活動】登山、トレイルラン、トライアスロン【座右の銘】やってみなきゃわからないでしょう