【北アルプスの秘境】3泊4日、裏銀座縦走路をソロテント泊で登ってきたら想像以上に過酷だった話。

北アルプスを代表する「裏銀座縦走路」にソロテント泊で登ってきましたので、その時の記事をまとめました。

裏銀座縦走路とは?

裏銀座縦走路は、北アルプス(飛騨山脈)を代表する縦走路の一つ。総距離50km以上にも及ぶロングコースです。

表があれば裏がある。位置的には、以前ご紹介した表銀座縦走路の反対側にあります。鷲羽岳や水晶岳、三俣蓮華岳など北アルプスを代表する名峰を歩くことのできる超豪華コースとなっています。

ただ、要求される体力レベルも最高クラスとなります。ソロテント泊となるとさらにレベルは上がるので、準備に準備を重ね挑みました。

哀悼の意を込めた挑戦

裏銀座縦走に挑戦する8日ほど前に、20年飼っていた愛猫を亡くしました。家族であり、友達であり、最高の相棒でした。残念ながら最期に立ち会うことはできませんでした。家族曰く、亡くなる前日まで衰弱した身体で自宅の階段を懸命に上っていたそうです。彼のそんな姿を想像したら、今回の登山は過去一番の挑戦といえど、どんなに過酷でも諦めるわけにはいきませんでした。

【1日目】日本三大急登「ブナ立尾根」からスタート

新宿から夜行バスを利用し、七倉ダムに到着。到着したのが4時頃。満点の星空の下で始発のタクシーを待ちます。

高瀬ダムに到着。待機していた他の登山客とタクシーを相乗りさせていただきました。登山口までのトンネルを抜けていきます。

6:25 登山口に到着。日本三大急登の一つ「ブナ立尾根」を登ります。烏帽子小屋までは5時間ほどです。

早速、裏銀座の洗礼を受けます。徐々に傾斜がキツくなると思いきや、登りはじめた瞬間から傾斜MAX。テント泊装備で20kg以上背負っているので脚がパンパン。

烏帽子小屋に到着

9:40 烏帽子小屋に到着。3時間半ほどで登ってきました。少しペースを上げすぎたかもしれません。今日はここで一泊します。

奥に見えるのが烏帽子岳。烏帽子小屋から往復2時間ほど。まだ午前なので時間的には全く問題ありませんでした。

烏帽子小屋まで戻ってきました。烏帽子小屋の前には高山植物のイワギキョウが綺麗に咲いています。明日は長い一日になるのでテントでゆっくり休みました。

【2日目】黒部川源流を目指して

2日目は北アルプス最奥地を目指します。目的地は三俣山荘です。途中に山小屋はありますが、幕営ができないため、テント泊の場合は11時間ほど歩く必要があります。体力勝負です。まずは野口五郎岳を越えていきます。

真砂岳を越えて水晶小屋に向かうまでの道です。秘境と呼ばれるだけあって「山に抱かれている」という感じです。

水晶岳に到着しました。日本百名山の一つです。あいにくの天候で眺望は無し。晴れていれば北アルプスの絶景を楽しむことができます。

鷲羽岳に向かうまでの景色です。北アルプスの最奥地であり、黒部川の源流がある場所です。まさに秘境中の秘境。滅多にお目にかかれない景色なのでしっかり目に焼き付けます。

鷲羽岳に到着。日本百名山の一つです。すっかり青空が広がり、遠くには槍ヶ岳も見えました。

鷲羽岳を越えると三俣山荘が見えてきます。日本にいるとは思えないほどの美しい景色。あと一息です。

北アルプス最奥地「三俣山荘」に到着

三俣山荘に到着。北アルプスの最奥地です。もう「最奥地」とか「源流」とかいう言葉を聞くとゾクゾクしますね。ちなみに三俣山荘は、黒部の山賊(山と溪谷社)の著者である故・伊藤正一さんが長年守り続けた山荘でもあります。これから裏銀座縦走を考えている方は、事前に本を読まれてから登ると楽しさが倍増しますよ。

【3日目】嵐に遭遇。まさかの撤退か。

3日目。この日は朝から大雨。槍ヶ岳に向かいますが、果たして辿り着けるのか心配です。写真は三俣蓮華岳。長野県、岐阜県、富山県の三県の境界線にあるのでそう呼ばれています。

双六岳に到着。双六岳のピークはだだっ広く、道が分かりにくくなっているので、天気が悪い場合には道迷いに注意が必要です。

双六小屋に到着。この先は、西鎌尾根と呼ばれる槍ヶ岳まで続く険しい道に入ります。これ以上天候が酷くなるようであれば危険なので、槍ヶ岳へは向かわず、小池新道からエスケープすることも考えました。

雨風が少し落ち着いたので、悩んだ末、進むことに。

硫黄乗越で絶滅危惧種のニホンライチョウに遭遇しました。なんでこんな天気の悪い日に?ライチョウさんですか?と名前を聞いても返事はありません(3日目の疲労で完全に頭がボケてる)。どうやら、天敵から身を守るために、あえて天気の悪い日に行動する習性があるそうです。悪天候の中、親子で懸命に生きる姿に励まされました。

槍ヶ岳に到着

三俣山荘から歩き続けること8時間。無事、槍ヶ岳に到着しました。ただでさえ長い道のりですた、景色がなんも見えないので、余計に長く感じました。

槍ヶ岳山荘でいただいたカップヌードル。人生で食べたカップヌードルで一番美味しかったのは言うまでもありません。感謝感謝です。

【4日目】いよいよ下山日

4日目。いよいよ下山日です。相変わらずの天気。夜中にテントが壊れるんじゃないかと思いました。朝ごはんを食べて、雨でぐっちゃぐちゃになったテントを撤収して下山開始です。

表銀座縦走の時には上高地に下山しましたが、今回は新穂高温泉に向かうことにしました。下山を祝福するかのように空が晴れてきました。

ひげヅラ。身も心もボロボロといったところです。新穂高温泉までの長い道のりをひたすら進みます。

長い挑戦が終わる

11:30 槍ヶ岳から歩くこと5時間。新穂高温泉に到着。大きなトラブルもなく無事に下山できました。達成感というよりも安堵感です。

奥飛騨の温泉郷「平湯」へ

さて、新穂高温泉からバスで温泉郷「平湯」に向かいました。恒例の爆食いタイム。ほぼ4日ぶりの下界のメシです。事前にリサーチしておいたお食事処「あんき屋」で飛騨牛をいただきました。もう最高。ゆっくり味わいたいところでしたが一瞬でなくなりましたね。広々として、ゆっくり寛げるので、登山者にとってもありがたいお店です。

食事の後は「平湯の森」で温泉に入りました。メシもそうですが、ほんと何日ぶりのお風呂?って感じでした。生きてて良かった、、、って思いましたね。すごく気持ちよかったです。

平湯から新宿行きの高速バスが出ていますので、ゆっくり寝ながら帰りました。

まとめ

なぜ山に登るのか。よく聞かれる台詞ではありますが、その意味を見つけるために山に登るという考え方もあります。むしろ、登ったあとに「本当の意味」が見つかることのほうが多いと、僕は感じています。入り口なんかなんでもいい、だからまずは登ってみることが大切だと思うのです。

そして、人それぞれ背負っているものがあります。今回は4日分の衣食住を運ぶ山行でしたが、僕にはそれ以上に「背負っているもの」がありましたので、最後まで踏ん張ることができました。山に登らなくても生きていけるのに「なぜ山に登るのか」。そこに今の時代を強く生きるヒントが隠されていると、僕は思います。

広大な山に比べると人間なんか米粒にも満たない大きさだけれど、でもそんな大自然を歩き通せる人間の力は改めてすごいなと感じました。

【絶景の北アルプス】2泊3日、表銀座縦走路をソロテント泊で登ってきた話。前のページ

【国内最難関ルート】3泊4日、北アルプスのジャンダルムと大キレットをソロテント泊で縦走してきた話。次のページ

関連記事

  1. 旅行

    【京都祇園】お座敷でいただく上品な甘味処『小森』。

    祇園の街にひっそりと。祇園の新橋通りに静かに佇む甘味処『小森』さん…

  2. 旅行

    【絶景の北アルプス】2泊3日、表銀座縦走路をソロテント泊で登ってきた話。

    日本を代表する大山脈の一つが北アルプス(飛騨山脈)です。その北アルプス…

  3. 旅行

    【山梨の絶景キャンプ場】目の前に富士山!温泉も楽しめる『ほったらかしキャンプ場』に行ってきた。

    山梨県のほったらかしキャンプ場にいってきました。新日本三大夜景…

  4. 旅行

    【京都】創業300年『白竹堂』の京扇子が美しい。名前刻印でオリジナル扇子を。

    京扇子の老舗、創業300年の『白竹堂』。京都市の麩屋町の静かな通り…

  5. ランニング

    【人生初のフルマラソン】最高の感動体験『ホノルルマラソン2018』に参加してきました。

    先日、ホノルルマラソンに出場してきました。人生初のフルマラソン…

おすすめ記事

最近の記事

  1. キャンパーの聖地「ふもとっぱら」でソロキャンしてきた話。
  2. 【国内最難関ルート】3泊4日、北アルプスのジャンダルムと大キ…
  3. 【北アルプスの秘境】3泊4日、裏銀座縦走路をソロテント泊で登…
  4. 【絶景の北アルプス】2泊3日、表銀座縦走路をソロテント泊で登…
  5. 【完走率65%の過酷レース】第5回京都一周トレイルグランドト…

ARCHIVES

  1. 登山・トレイルランニング

    【富士登山(馬返し 〜 剣ヶ峰)】麓から山頂まで日帰りで登ってきた話。
  2. 登山・トレイルランニング

    【超絶景!】富士山が目の前に!登山初心者でも都内から日帰りで行ける『大岳山』がオ…
  3. ライフスタイル

    【これで人生変わった】20代のうちに買って良かったもの3選!
  4. ライフスタイル

    【激安】カレーのスパイスを買うなら新大久保の「イスラム横丁」がオススメ!
  5. 運動

    【トライアスロンデビュー戦】昭和記念公園トライアスロン大会に出場してきました。
PAGE TOP