ライフスタイル

【オリパラ開会式】大迫力!!入間基地までブルーインパルス見に行ってきた!

大人になってからこんなに大興奮することってあるんだな、と思った日でした。

さて、オリンピックが無事(?)終わり、パラリンピックがはじまりましたね。

世の中的に自粛自粛の日々が続き、賛否ありますが、ブルーインパルスを見てきました。というのも、次回オリパラが東京で開催される時は、たぶんもう僕は生きていないかもしれないので、実質上のラストチャンスだからです。そんなチャンスを逃すわけにはいかない。

 

オリンピック開会式の時は都心の空で見たので、今回は入間基地で離発着の瞬間を見てきました。ちなみに、予行演習と本番の2回見てきました。

 

まず予行演習の日。自転車で行ったので、どの場所で撮影しようか色々探索してみました。

悩んだ末、入間基地のすぐ南にある入曽多目的公園で撮影することにしました。南東方向に離陸した場合、離陸の瞬間を至近距離で拝むことができます。

今回はフライト時間が公表されていたので、カメラを構えて待機していましたが…

一向に来ない….

あれ…(^^; ) と思っていると、ここで悲報。

風向きの関係で、真逆の北西方向に離陸していくというハプニング。そっちかーー!という感じでした。離陸の瞬間を撮影するつもりが、あいにく標準ズーム(24-105mm)しか持ってきていませんでした。幸運にも上空で1周旋回してくれたので、かなり小さいものの、なんとか撮影には成功。

無線機がないとどの方向に離陸するかが分からないので、レンズ選びが難しいですよね。至近距離で撮るなら標準ズーム(24-105mm)が便利ですし、でもそれだと、今回のように遠くに飛んだ場合は物足りない。かと言って、望遠レンズ(70-200mm)だと、至近距離で撮るには画角に収まらない。

こればかりはもう賭けでした。

そして、本番の日。どうしても至近距離で撮影したいという想いがあったので、予行演習の日と同じ、滑走路の南側で待機することにしました。今回は公園ではなく、基地のフェンスのあたりで撮影してみることにしました。

1時間前に到着したので、アフガニスタンに向かうC130輸送機の離陸を見ることができました。この時、70-200mの望遠レンズにx2のエクステンダーを装着しても(140-400mm換算)、画角に収まることが発覚。ブルーインパルスもこの設定でいくことにしました。

13:35頃、そろそろ離陸かな?あと5分くらいかな?と思っていると、滑走路の奥から轟音と共にブルーインパルスが次々と飛び立っていきました。

もの凄い勢いなので一瞬で消えていきます。僕もそうですが、みんな和気藹々と会話してたので、やべー!!もうきた!!って慌ててたのが笑えました(笑)

 

お尻フリフリサービスがメッチャかっこいいですよね。「いってらっしゃい!!」という気持ちで見送り、あとは着陸を見るために、30分くらい待機していました。着陸は北東方向からの進入なのであまり見れないだろう、なんて思っていたら、、、

なんと!!カラースモークを焚きながら上空を回旋してくれるじゃないですか!!もう大歓喜。最高の一枚を撮ることができました。

さまざまなイベントや行事が中止となり、入間航空会も中止となってしまったので、次はいつ見れるかわかりません。炎天下の中、巨大レンズを担いで、チャリで見に行った甲斐がありました。

感動をありがとう!!!

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京の片隅で静かに暮らすトレーナー。専門領域は『男ウケするカラダづくり』だけれど好奇心旺盛が故になにが仕事でなにが趣味だかよく分からなくなってしまったので毎日自由に生きています。トレイルランニング、フライフィッシング、ロードバイクが生活の中心。見栄と映えと”群れ”が大の苦手。一言で言えば”超偏屈者"。 女性専門パーソナルジム「BEAUTY & STRENGTH」代表、アームレスリング元日本代表・世界ジュニア選手権3位