ライフスタイル

【軽バン車中泊】ハイゼットカーゴをホームセンターで売ってるものだけでフルフラット化してみた!

「お車が入りましたのでご連絡させていただきました」

ディーラーの担当者から電話があったのが2週間前のこと。4月に契約したハイゼットカーゴがついに完成した。

一応、商用車ではあるが、色がブラックだからか、思ったよりも”業者感”はない。

3回ほど乗ってみたが、乗り心地は良い。想像していたよりも遥かに快適である。もっとウォンウォン!!呻るかと思いきや発進もスムース。小回りも効く、車高が高いから見通しがいい、窓が広いから後方も見やすい。

すっかり気に入ってしまった。

ロードバイクもご覧の通り。カタログ値を参考にする限り、ギリギリかなぁ、と思っていたけれど、ホイールを外すことなくスッポリ収まった。どこを旅しようか妄想が膨らむ。

とりあえずこれで、ひと段落である。

さて、まだまだ車中泊をする予定はないが、時間もあるので、荷台部分のフラット化だけ終わらせてしまおう、ということになった。

問題は、どうやってフラット化するか。ネットで調べると人によって方法が違うのだ。木で枠を作ったり、イレクターパイプを連結させたり、みんな本当に器用だなぁと感じる。

結局、コンパネを敷く方法で進めていくことに決めた。

早速近所のホームセンターへ。

コンパネは1枚1000 ~ 2000円くらい。カットサービスは1枚あたり30円でした。大枠のみカットしていただきました。

ニャンニャンもいました。ずっと遊んでいられるけれど、そうはいかない。

暗くならないうちに、帰宅します。

ハイゼットカーゴ(ビジネスパック)の荷台がこんな感じ。元々フラットなので、この上に厚いマットを敷けば寝られないこともない。ただ、金属部分の凹凸がスネに当たると痛いので、板を敷いたほうが居住性は上がる。

留め具を外してシートを外していく。

剥き出しの状態になったのがこちら。

コンパネを2枚並べ、その上にシートを敷いて、ペンで型取りをしていく。

 

電動ノコを持っていないので、手で切っていく。

後部座機器のシートベルト部分が一番苦戦した。切り過ぎると、コンパネが動いてしまいそうなので、できるだけギリギリでカット。

作業開始から約2時間、サイズ調整が完了。

前後2枚に分割した理由は、後部座席を使う時に、前のコンパネのみ取り外しができるようにするためである。

疲れたのでこの日はここまで。あとは、クッションフロアを貼るだけだ。

翌日。クッションフロアの型をとっていく。

ノリで方法もあるけれど、面倒なので、両面テープで貼り付けていきます。

しっかりコロコロして…

貼り付けが完了。

完成!我ながらいい感じです。車体が黒なので、落ち着いたダークブラウンのクッションフロアにしてみた。汚れも目立ちにくいのでちょうどいいです。

コンパネは端の部分がささくれてくるので、アルミのコーナーを両面テープで貼り付けました。

だいたいこんな感じ。超快適です。これなら連泊もできそうです。

車中泊ガチ勢の方は、机やキャビネットを備え付けたりしていますが、できるだけ広々使いたいので、恐らくこのままでいきます。(そもそも作る能力がない)

さて、これで足が手に入ったのでどこにでも行ける…  と思いきや、いざ手に入ると、どこに行こうか悩んでしまうという。まずは山かな。

また進展があればレポートさせていただきます!

ABOUT ME
浅野 弘樹
女性専門パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。フィットネスの本場、米国サンタモニカの大学にて運動生理学を専攻。GOLD'S GYMにてパーソナルトレーナーとして活動後、表参道に女性専門パーソナルトレーニングジムをオープン。わずか半年で予約の取れないトレーナーとなり、モデルや女優をはじめ、過去10,000人以上の女性のボディメイクを指導。現在はジムを立川市に移転し、活動を継続中。【資格】全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー、メンタルケア心理士、ランニングアドバイザー【主な経歴】アームレスリング世界選手権3位、Miss Asia USA日本代表トレーニング指導担当、トレーニング歴22年、メディア出演多数。