登山・トレイルランニング

【登山ウェア】ワークマンのクライミングパンツが高コスパすぎる件について。

いくらなんでも高すぎる…

登山をはじめようと思ったものの、ウェアの値札を見た瞬間「マジか…」と思った経験はあるはずである。

登山ウェアは機能的で、丈夫な素材で作られているので、基本的に値段が高いものが多い。特に海外ブランドになると、一着で数万円することもザラである。

「山に人生かけてるんだ!」という方はともかく、まずは手軽に登山をはじめてみたいという方にとっては、ウェアに何万円も費やすのは抵抗がある。それに、ウェア以外にも準備するものはたくさんある。シューズ、ザック、ヘッドライト、地図など、合計すると結構な値段になる。

もちろん、装備は安全性に関わる問題なので、削るべきではない。だが、節約できるところは節約することが、登山を手軽にはじめるためのポイントになる。

ワークマンのクライミングパンツが優秀すぎる。

先日、釣りで着るウェアを探しに、近所のワークマンに行った時のことである。

そこで「クライミングパンツ」なるものをたまたま発見した。

こちらがその商品。DIAMAGIC DIRECT クライミングパンツ

「へぇ、こんなのあるんだ。え、2900円!?」と、その安さに驚きつつも、

「でも、本格的な登山では使えないでしょ。ちゃんと登山メーカーのもの買わないと危ないし」とも思った。

けど、試しに手に取ってみると、これがメッチャ伸びるわけだ。素材も安っぽくない。むしろ、登山メーカーのものと遜色がないほどしっかりしているのである。

登山ウェアはもうたくさん持ってるから、買うつもりはなかった。だが、あまりに気になったので、試着だけさせてもらうことにした。

やっぱ、メッチャ伸びる。

「スゲー!」って思いましたね。足を上げても、しゃがんでも、まったくツッパる感じがしない。ちなみに僕はタイトに着るのが好きなので、Sサイズを着てみたんだけれど、それでもまったく窮屈感がないわけだ。

おまけに、シルエットもカッコいい。

これが、1万円するなら、まぁそうだよな、くらいにしか思わないんだろうけど、なんせ2,900円

気付いたら、レジに並んでいた。しかも、2着持って(笑)

ちなみに僕が登山で履いているパンツは、1万円以上するもの。それとまったく違いがわからないのである。

機能性抜群のクライミングパンツ

いくつか機能を見ていこう。

ワークマンにはいくつかのシリーズがあるが、クライミングパンツは「FieldCore」から出されている。

まず驚くのが撥水力。試しに水で濡らしてみたが、ビクともしない。もちろん防水加工ではないので、実際の登山ではレインウェアは必需だが、小雨くらいなら問題ないはずだ。泥汚れが落ちやすいのも嬉しい。

ジッパー部分も、水が侵入しにくい加工が施されている。

ベルトはバックル式になっているので、締め付け調整も可能。

内側には撥水サコッシュが隠れている。濡れては困るものを入れておくことができる。

お尻の部分はベンチレーション構造になっている。通気性が良いので、お尻が蒸れることがない。個人的には、ウエスト部分の赤のロゴが気になったが、上着に隠れるのでまったく問題なし。

充分すぎるストレッチ性。よほどの岩稜帯でなければここまで足を上げることはないし、低山ハイクであればまず大丈夫だ。

しゃがんでもまったく問題なし。細身シルエットなので「お尻がビリッ!といくんじゃないか」と心配したが、全然大丈夫。窮屈感もなく、とても快適。

そして、実はショートパンツにもなるのである。

膝のジッパーを外すだけ。暑い時期や、虫の多いエリアに行く時も便利だ。

まとめ

半年ほど履き続けているが、あまりに履きやすいので、今では仕事やプライベートでも履くようになった。動きやすいのもそうだが、何度洗っても傷んだり色落ちしないのが嬉しい。

こういう言い方はおかしいが、値段が安いので、もし登山で破れるようなことがあっても、高いものが破れてしまった時よりも、精神的なダメージは少ない。

登山のみだけでなく、キャンプや釣りなど、アウトドア全般で活躍しそうだ。

ちなみに、僕が購入したのは「ワークマンプラス」。従来のワークマン(作業着が中心)よりも、アウトドア寄りになっている。ワークマンで取り扱っているかは不明なので、ワークマン公式ホームページでご確認いただきたい。

ワークマンプラスには、登山で使うことができる、低価格で魅力的な商品がまだまだありそうなので、新たに購入した際はまたご紹介したいと思う。

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京の片隅で静かに暮らすトレーナー。専門領域は『男ウケするカラダづくり』だけれど好奇心旺盛が故になにが仕事でなにが趣味だかよく分からなくなってしまったので毎日自由に生きています。トレイルランニング、フライフィッシング、ロードバイクが生活の中心。見栄と映えと”群れ”が大の苦手。一言で言えば”超偏屈者"。 女性専門パーソナルジム「BEAUTY & STRENGTH」代表、アームレスリング元日本代表・世界ジュニア選手権3位