ランニング

【ワラーチの作り方】世界最強のサンダル「ワラーチ」でランニングしてみたら驚くほど快適だった話。

こんにちは。立川の女性専門パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」の浅野です。

ランニング用サンダル「ワラーチ」を自作しましたので、今回はその作り方を解説していきます。

ワラーチってなに?

解説に入る前に「ワラーチってなんだ?」という方のために少しだけお話させてください。

ワラーチとは、世界一走り続けるメキシコの先住民族「タラウマラ族(ララムリ)」が履いているランニング用のサンダルです。素足の感覚で走ることができ、人間本来の走り方ができるとされています。

何かしらの怪我や痛みと付き合いながら走っているランナーは多いものです。しかし、ララムリはどんなに長距離を走っても、ほとんど足を痛めることがないと言われています。

次のグラフは、ハーバード大学での研究によって得られたものです。

着地衝撃が大きい
着地衝撃が小さい

裸足よりも、シューズで走った時のほうが着地衝撃が大きいというデータが出ています。つまり、それだけ筋肉や関節への負担が大きいということです。これは意外でした。本来は衝撃を和らげるためにシューズがあると思っていましたから。

特にランニング初心者はシューズで走ると、かかとでの着地(ヒールストライク)になる傾向があります。すると着地衝撃が大きくなるので、それが怪我の原因になると言われています。

一方、ワラーチで走ると足裏全体での着地になり、衝撃は小さくなります。なので、関節への負担が減り、怪我のリスクも低下します。そして、安定した走りができるようになるのでエネルギーロスも減り、より長い距離を走ることができるというわけです。

私も、かかと着地の癖が抜けずに悩んでいたところ、ワラーチに出会いました。はじめは「こんなので走れないでしょ」と侮っていましたが、実際に履いてみてビックリ。シューズで走るよりも圧倒的にラクに走ることができるんです。

 

ワラーチ作りに必要なもの

それでは、ワラーチの作り方を解説していきます。

  1. ビブラムシート(7mm)
  2. パラコード(4mm 9芯)
  3. ハンマー
  4. 穴あけポンチ(4mm)
  5. ペン(シャーペン・マジック)
  6. 木材

ワラーチ作りに必要なものはこれだけ。費用はたったの3,000円前後です。

ビブラムシート(7mm)

私が使ったビブラームシート7mm(型番:8338)がこちらです。

ビブラームシートは「7mm (8338)」と「10mm(8327)」の2種類があります。7mmは、慣れないうちは少し痛いけれど快適。10mmは、路面の感触は伝わりにくいけれど、安心。

私は、ロードでは7mm、トレイル(山道)では10mmという使い分けをしています。

はじめは「7mmは痛いかなぁ」と思っていましたが、実際に走ってみると全く問題ありませんでした。どんぐりサイズの小石を踏むとチクッと感じますが、それでも砂利道くらいなら全然走れます。

はじめは足裏の負担よりも心理的な抵抗のほうが強いので、数回走れば慣れてきます。1回目は足元を見ながら恐る恐る走っていましたが、2回目はランニングシューズを履いている感覚で走ることができました。

なお、ビブラムソールは店頭で見つけることは難しいので、ネットで買うのが一番簡単です。

パラコード(4mm 9芯)

ヒモはパラコードを使います。パラコードとはパラシュート用のコードのこと。とても頑丈な素材で作られていて、テントの張り綱としても使われます。写真のパラコードは250kgの重さまで耐えることができます。

パラコードは「芯」と呼ばれる糸が集まって作られています。糸の本数によって5芯、7芯、9芯のように分けられます。

私は、太さ4mmの9芯を使っています。パラコードはとても頑丈ですが、ランニングのように地面と擦れる動きを繰り返していると、接地する部分が痛んできます。なので消耗品として考えましょう。

基本的には「30m」のように長い単位で販売されています。1足(片足)あたり150cmほど必要なので、もし痛んでしまっても何度でも交換できます。

パラコードは色や柄が豊富なので、個性を出してオシャレを楽しむのもいいですね。

 

早速ワラーチを作ってみよう!

それでは早速作っていきましょう。

まずは足型を取ります。コピー用紙などで大丈夫です。ペンを垂直に立てて書くのがポイント

足型が取れました(薄くて申し訳ないです)写真では指の股まで書いていますが、この段階では必要ないので書かなくてもOKです。

切り取り線を書いていきます。ここでは指の先端を結ぶように書きます。

型紙が完成しました。ここまでできれば半分完成したようなものです。

型紙をビブラムシートに合わせ、外枠を書いていきます。ズレないように両面テープで固定しておきましょう。ペンの色は黒がオススメ。切り取った時に色が残っても目立たないからです。

枠線が完成しました。あとはハサミで丁寧に切り取りましょう。

ワラーチの原型が完成。

切り取った際にボコボコになった部分は、ヤスリで削ると綺麗に仕上がります。

Before
After

 

続いて、パラコードを通す穴の位置を決めます(合計4箇所)

ペンで印をつけたところを、ポンチで穴を空けていきます。ポンチはパラコードと同じ太さの「4mm」を選びましょう。

穴が空きました。あとはパラコードを通していきます。

パラコードは、ほつれないように先端をライターで炙っておきましょう。長さは、私の場合は150cm(片足)にしました。足のサイズは25.5cmです。ご自身の足のサイズに応じて調整してください。

パラコードを通していきます。結び方は、マンサンダルさんの動画が非常に分かりやすいです。右足用と左足用のリンクを以下に貼りましたので、ぜひ参考にしてください。

 

ワラーチの完成です!

実際に履いて走ってみた感想

実際にワラーチを履いて、近所のランニングコースを走ってみました。

とんでもなく快適です。足に羽が生えたように軽く感じました。

はじめは「本当に痛くないのか?」と恐る恐る走る感じでしたが、2回目からは抵抗なく走ることができました。


同じ時期に、5分30秒/kmほどで走ってみた結果です。ワラーチを履いた時のほうが、平均心拍数および最大心拍数が低くなっているのがお分かりいただけると思います。無駄なエネルギーロスが減るからでしょうか、呼吸もだいぶラクに感じました。

普段のランニングでは使わない筋肉を使うので、はじめのうちは脚に疲労を感じます。私は翌日、ふくらはぎが筋肉痛になりました。しかし、それもトレーニングだと考えています。逆に、痛くなる部位があれば、それは「改善すべき点」なのかもしれません。

全米でベストセラーになった「BORN TO RUN」にはこう書かれています。

これは自己補正装置なんだ。足をクッションつきのシューズで覆うのは、煙探知機の電源を切るようなものだ。(P224)

シューズで走ると、多少フォーム悪かったり、体に異変があったとしても、誤魔化して走れてしまうということです。ワラーチを履くと誤魔化しが効かないので、怪我をする前に「そのフォームだと怪我をしますよ」とサインを送ってくれるんですね。

一時的には苦痛を感じるかもしれません。そこで「やっぱシューズのほうが快適だ」ではなく、その苦痛を教訓とすることで、正しいフォームを獲得することができる。そして、ランナーとしての寿命も伸ばすことができるということです。面白い考え方ですよね。

 まとめ

今回は、ワラーチの作り方について解説しました。

ランニングをされている方で、脚の怪我に悩んでいる方やタイムに伸び悩んでいる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。あまりの快適さにすっかりハマってしまうかもしれません。

今回の記事が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
立川の女性専用パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーとしての知識を習得。『健康美』をテーマとして、過去に10,000人以上の女性のダイエットやボディメイクをサポート。「好きなものを食べながら、楽しく運動して痩せる」指導を得意とする。アームレスリング元世界ランク3位。トレーニング歴20年。現在はトライアスロンとトレイルランニングに挑戦中。