ロードバイク

【ロードバイク自家塗装プロジェクト④】下地作り・文字色の塗装編

こんにちは。立川の女性専門パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」の浅野です。

ロードバイク自家塗装プロジェクトの続きです。塗装の剥離とヤスリがけが終わったので、いよいよ塗装に入ります。

今回は「下地作り・文字色の塗装編」です。

塗装の手順について

塗装の手順は次の通り。

  1. 脱脂(シリコンオフ)
  2. 下地作り(プラサフ)
  3. 文字色の塗装(ホワイト)
  4. ステッカー張り
  5. 本塗装(ダークブルー)
  6. ウレタンクリアコート(艶出し)
  7. コンパウンド(仕上げ)

各ステップの間には、1日ほど乾燥させる時間が必要です。なので、1週間以上かかることになります。

ですが、塗装のポイントは「絶対にあせらないこと」。せっかく綺麗に塗れても、きちんと乾燥していない状態で次のステップに進めば、すべてが台無しに。かなり悲惨です。なのであせらず慎重に進めていきましょう。

あとはできるだけ埃やゴミから守ること。乾燥途中でそれらが付着すると、その部分だけハゲてしまいます。塗るのは屋外でもOKですが、乾燥は室内が安全です。

プラサフで下地をつくる

まずは下地をつくるわけですが、その前に「脱脂」をします。手の油分や汚れがフレームに付いていると、その部分の塗装がハゲやすくなるんですね。「シリコンオフ」という油分取り剤を使って脱脂をします。

脱脂が終わったら、下地をつくっていきます。

下地をつくる理由は「塗装が剥がれにくくするため」です。下地なしでも塗装はできますが、そうすると塗装が剥がれやすくなってしまうんですね。それを防ぐためにも、下地をつくっていきます。

下地づくりにはプラサフを使用します。プラサフは「プライマリー」と「サーフェイサー」が1本にまとめられたものです。

簡単に説明するとこんな感じ。

プライマリー:塗装の密着性を高め、錆を防止するもの。

サーフェイサー:小さな傷や凹凸を埋めて、表面を滑らかにするもの。

要するに、“塗装をハゲにくく、より綺麗に仕上げるためのもの”です。

フレーム全体に吹きかけていきます。ポイントは「全体的に薄く薄く塗り重ねていくこと」です。一箇所に集中させると、液だれして「ボコっ」となってしまいます。

ブレーキやボトルゲージの取り付け穴は、塗料が入らないように綿棒を刺しておきます。BBの穴(クランクが入る部分)はマスキングテープを貼っておきましょう。

プラサフが塗り終わりました。ここで1日乾燥させます。

ついでに、ハンドルやシートポスト、ステム、コラムなどもすべて塗っておきました。針金で吊るしておきましたが、その部分がハゲてしまったので、正直おすすめしません。その部分を後で塗り直すか、なにか良い方法があればいいのですが…

文字色の塗装(ホワイト)

1日経過。プラサフがきちんと乾燥していることを確認して「文字色(ロゴ)の塗装」をします。

完成イメージは、フレームがダークブルー、文字色がホワイトです。まずホワイトを塗り、そこに文字のステッカーを張る(マスキングシートで自作)、そして全体をダークブルーを塗り、最後にステッカーを剥がすと白い文字が現れる!という感じです。

まずはホワイトを塗ります。使用したのは「トヨタのスーパーホワイト2(T-5)」。

なお、プラサフもホワイトなので、塗り残しのないように気をつけます。灰色のプラサフもあるようなので、そっちのほうが分かりやすいかと思います。

またシリコンオフで脱脂してから、ホワイトを全体に塗っていきます。

綺麗に塗れました。ツルツルテカテカです。

ここで一晩寝かせ、乾燥したら、次はステッカーを貼っていきます。次回解説していきます。

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京の片隅で静かに暮らすトレーナー。専門分野は『男ウケする女性のカラダづくり』だけれど、好奇心旺盛が故になにが仕事でなにが趣味だかよく分からなくなってしまったので自由なスタイルで活動中。トレイルランニング、フライフィッシング、ロードバイク、スパイスカレーの研究が生活の中心。見栄と映えと”群れ”が大の苦手。一言で言えば”超偏屈者(変わり者)"。 女性専門パーソナルジム「BEAUTY & STRENGTH」代表、アームレスリング元日本代表・世界選手権3位