国立市の桜をマクロレンズで撮ったら想像以上に綺麗に撮れた話。

僕の地元、国立市も桜が満開のシーズンとなりました。

せっかくなので、一眼レフで撮影してきました。

ピンク色が美しい陽光桜

国立駅の北口に咲いていた陽光桜。ピンク色が鮮やかで、青空とのコントラストが映えますね。

今回はマクロレンズ一本で撮ると決めていたので、桜との距離が自然と近くなり、より春を間近に感じることができました。

神レンズ「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」

今回の装備は以下の通り。

  • ボディ:Canon EOS 5D Mark IV
  • レンズ:EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
  • ストラップ:Peak Design スライド
  • ハンドストラップ:Peak design クラッチ

EF100mm F2.8Lマクロ IS USMは、僕の中では神レンズ。花のディテールまで綺麗に撮ることができ、AF速度も速いのでストレスがありません。

ボケ味も抜群なので、撮っていて楽しいレンズです。

「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」は昆虫撮影にも威力を発揮

さて、前日まで雨が降っていたので、花に落ちた水滴が綺麗に撮れると思っていました。

しかし、この日は朝から気温が高かったこともあり、残念ながら思い通りにはいかず。

4 ~ 5年ほど前に撮った写真がこちら。こんな感じの写真を撮りたかったのですが、残念だなぁと思いながら道沿いに咲いているお花を眺めていると、お食事中の蜂に遭遇。

これは良いショットが撮れるぞ!と意気込んだものの、チョンチョン跳ねるは、飛び回るは、何度撮っても失敗の連続。

なんとか撮れたのがこちら。

ムスカリの花の蜜を吸っている瞬間を捉えました。我ながら上手に撮れたかなと。

どの角度の太陽光で撮るか、背景色と花のコントラストはどうするか、どの構図が1番しっくりくるか、など試行錯誤。

シャッタースピードを1/500〜1000くらいまで上げて、AIサーボでフル連写。

しかし、シャッター音で逃げてしまう。かといって被写体から離れ過ぎると、余計なものまで映り込んでしまうし、ディテールも損なわれてしまうから難しいところ。

サイレントモードに切り替えて、ギリギリまで寄って撮影しました。

結局、1時間で200枚ほど撮影しました。はじめての昆虫撮影にしては、良く撮れたかなと思っています。

花に顔を突っ込んで、蜜を一生懸命吸っている姿が愛おしかった。お食事中、お邪魔してすみませんでした。

【頑固な肩こりを即解消!】現役トレーナーが教えるゲーマーのためのストレッチ講座。前のページ

揺れないランニングベルト「フリップベルト(FlipBelt)」が、本当に揺れなかった話。次のページ

関連記事

  1. 写真・カメラ

    最強のスナップシューター『RICOH GR Ⅲ』を持って登山してきた話。

    なにか新しいガジェットを買わないと登山のモチベーションが上がらないとい…

  2. ライフスタイル

    【これで人生変わった】20代のうちに買って良かったもの3選!

    「これを買ったら人生変わった」誰でもそう感じる物の1つや2つく…

  3. 写真・カメラ

    【山岳写真】登山で使うカメラを『SONY α7R3』に決めた理由。

    こんにちは、浅野です。せっかく山に登ったんだから、一眼レフで綺…

  4. 写真・カメラ

    【山岳写真】登山で使うカメラに超広角レンズ(16-35mm)を選んだ理由

    登山で使うレンズは一本にしています。私の場合は、写真を撮ること…

  5. 写真・カメラ

    Canon PRO-1000でプリントした写真が衝撃的なほど綺麗だった話。

    一眼レフを使いはじめて8年が経ちます。いつもはPCやスマホにデ…

  6. 写真・カメラ

    【Peak Design】簡単に着脱できるカメラストラップ「SLIDE」が超便利。

    カメラのストラップがちょっと邪魔。もっと簡単に着脱できればいいのに。…

Twitter でフォロー

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【BASIピラティス】ピラティスの国際ライセンスを取得した話…
  2. バウヒュッテのモニターアームで煩雑なデスクまわりをスッキリさ…
  3. 【横田基地友好際】戦闘機とモンスターと喧嘩カップルと私。
  4. 「100点以外、全部不合格」という考え方。
  5. 進化は退化の始まりである。

ARCHIVES

  1. 登山・トレイルランニング

    【神奈川県最高峰】まるでラピュタの世界『蛭ヶ岳』まで日帰りピストンで登ってきた。…
  2. ピラティス

    「100点以外、全部不合格」という考え方。
  3. スポーツ

    サボるのではなく「休む」という考え方。
  4. 旅行

    キャンパーの聖地「ふもとっぱら」でソロキャンしてきた話。
  5. ロードバイク

    【絶景のグルメサイクリング】一生に一度は絶対に走りたい『しなまみ海道』160km…
PAGE TOP