Photography

Canon PRO-1000でプリントした写真が衝撃的なほど綺麗だった話。

一眼レフを使いはじめて8年が経ちます。

いつもはPCやスマホにデータとして保存しているだけですが、先日、初めてプリントしてみました。

なぜ写真をプリントしようと思ったのか?

趣味の登山を続けているうちに、自分で撮影した写真をプリントして、自分のジムに飾りたいという気持ちが湧いてきたのです。

お客様からも「SNSにアップするだけじゃもったいない」と言われていました。思い返せば、僕が登山をはじめたきっかけは、お客様に見せていただいた立山(厳冬期)の写真の美しさに惹かれたからです。

なので、僕が撮影した写真をジムに飾ることで、同じように登山に興味を持ってくれるお客様がいれば嬉しいと思ったのです。そして、それがきっかけとなり、健康な体をつくることや、より良い人生に繋がれば、ジムとしての本来の目的も果たせると思ったんですね。

自分で印刷することした理由

ただ、せっかく飾るんだから小さい写真ではいまいち迫力に欠けてしまう。

なので、写真展などでよく使われるA2サイズでプリントしたいと思っていました。

問題は、業者に依頼するか、自分でプリンターを購入するかでした。業者に依頼すると一枚あたり数万円するとのこと。かといって、プリンターを購入したところで頻繁にプリントするわけでもない。インクも劣化しそうだし、大型なのでスペースも必要になる。この問題がずっと頭を悩ませていました。

最終的には「印刷したくなるような写真をたくさん撮ればOK」という単純な答えに至り、プリンターの購入を決意した次第です。印刷用紙も種類が豊富にあり、自分なりに色々試してみたかったという気持ちもありました。

Canonの一眼レフを使っているという理由で、プリンターはCanon PRO-1000に決めました。

 

専用のソフトが使いやすい

Print Studio Proというプラグインソフトを、Photoshop経由で起動させて印刷しています。これがすごく便利。

プリンターと用紙の種類、サイズ、仕上がりの品質、クリアコートの有無などが自由に選択できるようになっています。

仕上がりのイメージも分かるので、失敗のリスクがありません。印刷用紙はCanon純正の光沢プロ(プラチナグレード)を使いました。

実際に印刷してみた感想

超綺麗です。スマホやPCで見たほう綺麗なんじゃない?なんて思っていましたが、なんのその。

プリンターからゆっくり写真が排出されてくる時間が堪りません。すごく鮮やかなんですよね。発色が綺麗。実際に自分の目でみた景色が蘇ってくる感覚です。

パネルはアクリルフレームを選びました。風景写真がメインなので、なるべくシンプルなほうが写真の美しさが引き立つと思ったからです。

まとめ

決して安い買い物ではないので最後まで悩みましたが、結果的に大満足でした。

お客様からも「綺麗ですね!」「ご自身で撮られたんですか!?」という声をたくさんいただきました。

とても綺麗に印刷できるので、季節ごとに写真を入れ替えたら、また登山の楽しみ方が増えそうです。

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京都立川市の女性専門パーソナルトレーニングジム『ASANO』代表。米国サンタモニカにて修行を積んだ後、24歳の時、表参道に女性専門パーソナルトレーニングジムをオープン。半年以上予約のとれないトレーナーとなり、10,000人以上の女性のボディメイクに携わる。現在は立川市に移転し、ピラティスを中心とした指導をおこなう。【実績】アームレスリング世界選手権-57kg級3位、全日本ジュニア・全国高校選手権2年連続優勝【活動】登山、トレイルラン、トライアスロン【座右の銘】やってみなきゃわからないでしょう