登山・トレイルランニング

山とどう向き合うか。

最近はトレイルランを楽しむようになり、以前のようにテントと食料を担いで何日もかけて山を歩くことは少なくなりました。

登山のシーズンになると、家族を含め、多くの方から『なんでそんな危ないところに行くの』『無理だからやめた方がいい』と必ずと言われます。

しかし、無理かどうかは最終的には自分が決めることであって、誰かが決めることではないと思っています。本当に無理だと分かっているのであれば最初から行きません。

無理だと分かっていて行くことを『無謀』と呼びますが、もしそこに少しでも可能性があるのであれば、それは『無謀』とは呼びません。

大切なのは謙虚な気持ち。過剰な自信が判断を鈍らせ、身を危険に繋げる。私の中で山は挑戦の場ではなく、あくまで登らせていただく場です。

戦うのは山ではなく、自分の中の可能性なのです。

関連記事

  1. 登山・トレイルランニング

    【富士登山】麓から山頂まで日帰りで登ってきた話。

    富士山。日本最高峰。日本人であれば一度は登ってみたい山の一つです。…

  2. 登山・トレイルランニング

    【後立山連峰全山縦走】決断の時。

    ” 突き進むことよりも、撤退する勇気。”登山をする人は…

  3. 登山・トレイルランニング

    槍穂縦走 (単独テント泊・前夜発3泊4日) 第3章

    槍穂縦走3日目。この日は、北アルプス屈指の難所大キレットを経由…

  4. 登山・トレイルランニング

    槍穂縦走 (単独テント泊・前夜発3泊4日) 最終章

    槍穂縦走最終日。待ちに待った下山日です。4:00出発。…

  1. 旅行

    丹沢山 (日帰り・神奈川県)
  2. 写真・カメラ

    一眼ユーザー必見!Peak Designのカメラストラップが最強に便利。
  3. 登山・トレイルランニング

    山とどう向き合うか。
  4. 運動

    サボるのではなく「休む」という考え方。
  5. 旅行

    六甲全山縦走 前半 (2/4)
PAGE TOP