サボるのではなく「休む」という考え方。

運動とケアの割合は5:5にしています。

せっかくトレーニングやランニングを始めても「膝が痛い」「腰が痛い」で、続けることができなくなるケースは少なくありません。

難しいのは運動をすることではなく、きちんと筋肉を休ませてあげることです。モチベーションが高い状態では「やりたい」「やらなきゃ」という気持ちが先行してしまい、ついケアを疎かにしてしまうからです。

運動とケアを同じ割合でできるのが理想であり、ケアの方が少ないという方も、いかにその割合を増やせるかが課題になってきます。

最近は、トレーニング用のアイテムを増やすことはなくなり、その代わりに筋肉のケアをするアイテムを揃えるようにしています。

何においても早く成長する秘訣、あるいは長く続ける秘訣は『怪我をしないこと』です。

関連記事

  1. 運動

    31歳。トライアスロンへの挑戦を決意。

    人生というのは不思議なものです。つい数年前までは興味も関心もなかったこ…

  2. 運動

    【トータルイマージョン(TI) スイムサロン船堀】50mしか泳げなかった自分が、2ヶ月で1kmをラク…

    トータルイマージョン スイムサロン船堀に行ってきました。大きな…

新着記事

  1. 登山・トレイルランニング

    赤岳 (八ヶ岳連峰・厳冬期・テント泊)
  2. ランニング

    ランニングに!トライアスロンに!マルチスポーツウォッチ『GARMIN ForeA…
  3. ランニング

    【ご報告】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザーの試験に合格しました。
  4. 写真・カメラ

    【一眼レフユーザー必見】Peak DesignのカメラストラップSLIDEが最強…
  5. 旅行

    【山梨の絶景キャンプ場】目の前に富士山!温泉も楽しめる『ほったらかしキャンプ場』…
PAGE TOP