DHバーに膝が当たる問題をカンタン解決!もうこれで激痛に悩まない!

トライアスロンではお馴染みのDHバー。

前屈みの姿勢になることで、空気抵抗が減るので、巡航がとてもラクになります。快適なので、僕はトライアスロン以外でも、通常のツーリングでも装着したままにしています。

ですが、一つ問題があります。

外国人向けに作られているため、長いんです。

特に手前の部分。ここが無駄に長い。ただ長いだけならシルエットの問題なので別に構わないのですが、膝が当たるんです。

ダンシング(立ち漕ぎ)をした時なんかには、必ずと言って良いほど膝に当たります。というより、刺さります。これがメッチャ痛い。その度に「ハゥッ!!」っと悶絶するわけです。

僕はハンドルに近い位置でダンシングをするのですが、DHバーを付けた状態だとそれができない。後ろに下がらざるを得なくなり、そうすると動きがぎこちなくなるんですね。

そこで、この問題を解決するために、DHバーを切断することにしたのです。

金属用のノコで切っていきます。切断する部分にマーカーで線を引き、エンド部分のキャップは外しておきます。

なお、パイプカッターなるものも売られていますが、他に用途がないのでノコのみでいくことにしました(全然いけちゃいます)

キコキコすること約10分、切断に成功。切断面はヤリスで滑らかにしておきます。

キャップを取り付けて完成。

これで膝が当たらなくなりました。もう、メッチャ快適です。どんな坂が目の前に現れようと、激痛におびえることなくダンシングできます。

切断する際に注意点が一つだけ。

写真を撮り忘れましたが、DHバーには「MINIMUM INSERT(最小限の挿入位置)」と書かれている場合があります。ここまではパッドのクランプをはめ込んでくださいね、というもの。

なので、あまり切断しすぎると安全性に問題が出てくるようです。切断する前に「MINIMUM INSERT」の長さを測っておき、その長さの分だけ残すように切断してください。

DHバーに膝が当たって痛い!という方の参考になれば嬉しいです。

【初心者向け】トレイルランニングに必要な装備をまとめてご紹介!【全季節対応】前のページ

【作業効率UP!】バウヒュッテの昇降式ゲーミングデスクが超オススメな話。次のページ

関連記事

  1. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト③】塗装剥離・ヤスリがけでツルツルピカピカ!

    ロードバイク自家塗装プロジェクト、今回は「塗装の剥離・ヤスリがけ編」で…

  2. ロードバイク

    【多摩川サイクリングロード】甥っ子の誕生日を祝いにロードバイクで100km走ってきた話。

    昨日は、甥っ子の誕生日でした。お祝いをするため、羽田にある姉夫…

  3. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑥】いよいよ本塗装をしていきます!

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「本塗装編」です。い…

  4. ロードバイク

    【日帰り登山】ロードバイクとトレイルランニングを組み合わせて高尾山に登ってきた話。

    最近、また変態なことを思いつきました。ロードバイクとトレイルラ…

  5. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト①】一つのものを大切に使うという考え方。

    先日、誕生日を迎え、33歳になりました。いつもなら自分にプレゼ…

Twitter でフォロー

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【BASIピラティス】ピラティスの国際ライセンスを取得した話…
  2. バウヒュッテのモニターアームで煩雑なデスクまわりをスッキリさ…
  3. 【横田基地友好際】戦闘機とモンスターと喧嘩カップルと私。
  4. 「100点以外、全部不合格」という考え方。
  5. 進化は退化の始まりである。

ARCHIVES

  1. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑨(最終回)】遂に完成しました!
  2. 旅行

    【山梨の絶景キャンプ場】目の前に富士山!温泉も楽しめる『ほったらかしキャンプ場』…
  3. ロードバイク

    メンテナンススタンドRS-1800が革命的な使いやすさだった。
  4. ランニング

    ASICS『DYNAFLYTE 3』との出会い。
  5. 登山・トレイルランニング

    【六甲全山縦走(須磨浦公園 〜 宝塚)】 孤高の人の軌跡を辿って。(Part4 …
PAGE TOP