DHバーに膝が当たる問題をカンタン解決!もうこれで激痛に悩まない!

トライアスロンではお馴染みのDHバー。

前屈みの姿勢になることで、空気抵抗が減るので、巡航がとてもラクになります。快適なので、僕はトライアスロン以外でも、通常のツーリングでも装着したままにしています。

ですが、一つ問題があります。

外国人向けに作られているため、長いんです。

特に手前の部分。ここが無駄に長い。ただ長いだけならシルエットの問題なので別に構わないのですが、膝が当たるんです。

ダンシング(立ち漕ぎ)をした時なんかには、必ずと言って良いほど膝に当たります。というより、刺さります。これがメッチャ痛い。その度に「ハゥッ!!」っと悶絶するわけです。

僕はハンドルに近い位置でダンシングをするのですが、DHバーを付けた状態だとそれができない。後ろに下がらざるを得なくなり、そうすると動きがぎこちなくなるんですね。

そこで、この問題を解決するために、DHバーを切断することにしたのです。

金属用のノコで切っていきます。切断する部分にマーカーで線を引き、エンド部分のキャップは外しておきます。

なお、パイプカッターなるものも売られていますが、他に用途がないのでノコのみでいくことにしました(全然いけちゃいます)

キコキコすること約10分、切断に成功。切断面はヤリスで滑らかにしておきます。

キャップを取り付けて完成。

これで膝が当たらなくなりました。もう、メッチャ快適です。どんな坂が目の前に現れようと、激痛におびえることなくダンシングできます。

切断する際に注意点が一つだけ。

写真を撮り忘れましたが、DHバーには「MINIMUM INSERT(最小限の挿入位置)」と書かれている場合があります。ここまではパッドのクランプをはめ込んでくださいね、というもの。

なので、あまり切断しすぎると安全性に問題が出てくるようです。切断する前に「MINIMUM INSERT」の長さを測っておき、その長さの分だけ残すように切断してください。

DHバーに膝が当たって痛い!という方の参考になれば嬉しいです。

【初心者向け】トレイルランニングに必要な装備をまとめてご紹介!【全季節対応】前のページ

【作業効率UP!】バウヒュッテの昇降式ゲーミングデスクが超オススメな話。次のページ

関連記事

  1. ロードバイク

    ミノウラのペアスタンド「P-500AL-6S」で2台目のロードバイクもスッキリ収納!

    ロードバイク歴が長くなると、2台目のバイクが欲しくなるという方も少なく…

  2. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑥】いよいよ本塗装をしていきます!

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「本塗装編」です。い…

  3. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト①】一つのものを大切に使うという考え方。

    先日、誕生日を迎え、33歳になりました。いつもなら自分にプレゼ…

  4. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑦】組み立て編(前編)

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「組み立て編(前編)」で…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 最愛の彼女にフラれ、始業式の日に退学届けを提出し、海外に飛び…
  2. 自分より強い人間が「最低でも2人いた」話、と新ロゴを作成した…
  3. 謹賀新年
  4. 自作した毛鉤でマスを釣る、の巻。
  5. 巻いて、巻いて、巻きまくる。

ARCHIVES

  1. 旅行

    謹賀新年
  2. 登山・トレイルランニング

    【後立山連峰全山縦走】3000m級の稜線で嵐に遭遇して撤退した話。
  3. ロードバイク

    【ツール・ド・多摩湖】「屋外での運動は原則中止」という警告が出たので、屋外で思い…
  4. ランニング

    【人生初のフルマラソン】最高の感動体験『ホノルルマラソン2018』に参加してきま…
  5. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト①】一つのものを大切に使うという考え方。
PAGE TOP