ロードバイク

【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑤】ロゴ部分を作成してみよう!

こんにちは。立川の女性専門パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」の浅野です。

ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「ロゴ作成・印刷編」です。

ロゴ作成の手順

ロードバイクの顔である「ロゴ部分」の作成をしていきます。手順は次の通り。

  1. メーカーの公式HPなどでロゴを見つけ、PCに保存する。
  2. Photoshopなどの画像編集ソフトでサイズ調整して、印刷する。
  3. 印刷した用紙をマスキングシートに合わせて、デザインナイフで切り抜く。
  4. ロードバイクに貼り付けてその上から塗装し、最後に剥がして完成。

なお、メーカーによってはデカール(ステッカー)が売られているので、購入したほうがはるかにラクです。

僕が乗っているBASSOはあまりメジャーなメーカーではないので、探しても見つかりませんでした。ということで、自作するすることしました。

ネットでロゴを見つける

まず、ロゴをネットで見つけます。

僕のバイクはBASSOというイタリアのメーカーのものです。

ITALIAN RACING PASSION。カッコイイですね。僕にレーシングパッションがあるかは別として、とりあえずロゴを発見できてよかったです。

ロゴは全部で4箇所。トップチューブ、ダウンチューブ、フロントフォーク、シートステーです。

ここで問題が発生。

僕のバイクはCORAL(2009年)というモデルですが、「CORAL」のロゴがどんなに探しても見つからなかったんですね。メーカーオリジナルのフォントだと思いますので、完全再現は諦めて、CORALの部分だけ自作することにしました。

Photoshopでサイズ調整

次に、保存したロゴをPhotoshopでサイズ調整します。

ここで気になるのが、「どのくらいのサイズにすれば良いのか?」ということ。

こんなこともあろうかと、塗装を剥離する前にトレーシングペーパーに写しておきました。

トレーシングペーパーに写す目的は「ロゴのだいたいのサイズを把握すること」なので、ていねいにおこなう必要はありません。

トレーシングペーパーは100均で手に入ります。

何度か印刷してみて、トレーシングペーパーに写しておいたロゴと、だいたい同じサイズになればOKです。

さて、ロゴが見つからなかった「CORAL」の部分は、完全に自作となります。

好きなフリーフォントを探してきます。

私はこちらのサイトを利用しました。ロードバイクには太めのフォントが似合うと思ったので「fat font free」という感じでググって見つけてきました。

ソフトだけどポップ過ぎない、またシンプルで視認性が高い「Sofachrome」というフォントが一番しっくりきました。

一文字ずつサイズや字間を調整して、印刷します。

印刷は完了。次にカッティング作業に移ります。

カッティング作業

次に、カッティング作業に入ります。用意するのはマスキングシート、デザインナイフ、カッターマットです。

それぞれのロゴを、マスキングシートにテープで固定します。

次に、デザインナイフで一文字ずつていねいに切り抜きます。

すべて切り抜いたのがこちら。

紛失しないように、ジップロックに分けておきます。

マスキングシートを貼っていく

マスキングシートをフレームに貼っていきます。

ポイントは「できるだけ一発で決めること」。というのも、あまり何度も貼り直すと、粘着力が落ちてしまい、塗装中に剥がれたり、隙間から塗料が侵入してしまうからです。

マスキングテープは粘着力が元々あまり強くないので、できるだけ一発で決めましょう。

すべて貼り終わりました。今回はここまでです。

次回は、いよいよ本塗装。

メインとなるダークブルーを吹きかけ、マスキングシートを剥がせばホワイトのロゴが現れる、という感じです。

ABOUT ME
浅野 弘樹
東京の片隅で静かに暮らすトレーナー。専門分野は『男ウケする女性のカラダづくり』だけれど、好奇心旺盛が故になにが仕事でなにが趣味だかよく分からなくなってしまったので自由なスタイルで活動中。トレイルランニング、フライフィッシング、ロードバイク、スパイスカレーの研究が生活の中心。見栄と映えと”群れ”が大の苦手。一言で言えば”超偏屈者(変わり者)"。 女性専門パーソナルジム「BEAUTY & STRENGTH」代表、アームレスリング元日本代表・世界選手権3位