【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑤】ロゴ部分を作成してみよう!

ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「ロゴ作成・印刷編」です。

ロゴ作成の手順

ロードバイクの顔である「ロゴ部分」の作成をしていきます。手順は次の通り。

  1. メーカーの公式HPなどでロゴを見つけ、PCに保存する。
  2. Photoshopなどの画像編集ソフトでサイズ調整して、印刷する。
  3. 印刷した用紙をマスキングシートに合わせて、デザインナイフで切り抜く。
  4. ロードバイクに貼り付けてその上から塗装し、最後に剥がして完成。

なお、メーカーによってはデカール(ステッカー)が売られているので、購入したほうがはるかにラクです。僕が乗っているBASSOはあまりメジャーなメーカーではないので、探しても見つかりませんでした。ということで、自作するすることしました。

ネットでロゴを見つける

まず、ロゴをネットで見つけます。

僕のバイクはBASSOというイタリアのメーカーのものです。

ITALIAN RACING PASSION。カッコイイですね。僕にレーシングパッションがあるかは別として、とりあえずロゴを発見できてよかったです。

ロゴは全部で4箇所。トップチューブ、ダウンチューブ、フロントフォーク、シートステーです。

ここで問題が発生。僕のバイクはCORAL(2009年)というモデルですが、「CORAL」のロゴがどんなに探しても見つからなかったんですね。メーカーオリジナルのフォントだと思いますので、完全再現は諦めて、CORALの部分だけ自作することにしました。

Photoshopでサイズ調整

次に、保存したロゴをPhotoshopでサイズ調整します。

ここで気になるのが「どのくらいのサイズにすれば良いのか?」ということ。

こんなこともあろうかと、塗装を剥離する前にトレーシングペーパーに写しておきました。

トレーシングペーパーに写す目的は「ロゴのだいたいのサイズを把握すること」なので、丁寧におこなう必要はありません。

トレーシングペーパーは100均で手に入ります。

何度か印刷してみて、トレーシングペーパーに写しておいたロゴと、だいたい同じサイズになればOKです。

さて、ロゴが見つからなかった「CORAL」の部分は、完全に自作となります。

好きなフリーフォントを探してきます。

私はこちらのサイトを利用しました。ロードバイクには太めのフォントが似合うと思ったので「fat font free」という感じでググって見つけてきました。ソフトだけどポップ過ぎない、またシンプルで視認性が高い「Sofachrome」というフォントが一番しっくりきました。

一文字ずつサイズや字間を調整して、印刷します。

印刷は完了。次にカッティング作業に移ります。

カッティング作業

次に、カッティング作業に入ります。用意するのはマスキングシート、デザインナイフ、カッターマットです。

それぞれのロゴを、マスキングシートにテープで固定します。

次に、デザインナイフで一文字ずつていねいに切り抜きます。

すべて切り抜いたのがこちら。

紛失しないように、ジップロックに分けておきます。

マスキングシートを貼っていく

マスキングシートをフレームに貼っていきます。

ポイントは「できるだけ一発で決めること」。というのも、あまり何度も貼り直すと、粘着力が落ちてしまい、塗装中に剥がれたり、隙間から塗料が侵入してしまうからです。

マスキングテープは粘着力が元々あまり強くないので、できるだけ一発で決めましょう。

すべて貼り終わりました。今回はここまでです。

次回は、いよいよ本塗装。

メインとなるダークブルーを吹きかけ、マスキングシートを剥がせばホワイトのロゴが現れる、という感じです。

【ロードバイク自家塗装プロジェクト④】下地作り・文字色の塗装編前のページ

【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑥】いよいよ本塗装をしていきます!次のページ

関連記事

  1. ロードバイク

    多摩湖サイクリングと幸右衛門茶舗の組み合わせが最高だった。

    心理士の試験が終わり、ひと段落しました。ずっと机に張り付きっぱなしで、…

  2. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑦】組み立て編(前編)

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「組み立て編(前編)」で…

  3. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト⑥】いよいよ本塗装をしていきます!

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続き、今回は「本塗装編」です。い…

  4. ロードバイク

    【ロードバイク自家塗装プロジェクト④】下地作り・文字色の塗装編

    ロードバイク自家塗装プロジェクトの続きです。塗装の剥離とヤスリがけが終…

  5. ロードバイク

    メンテナンススタンドRS-1800が革命的な使いやすさだった。

    以前から欲しいと思っていたロードバイク用のメンテナンススタンドを購入し…

  6. ロードバイク

    DHバーに膝が当たる問題をカンタン解決!もうこれで激痛に悩まない!

    トライアスロンではお馴染みのDHバー。前屈みの姿勢になることで…

Twitter でフォロー

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【BASIピラティス】ピラティスの国際ライセンスを取得した話…
  2. バウヒュッテのモニターアームで煩雑なデスクまわりをスッキリさ…
  3. 【横田基地友好際】戦闘機とモンスターと喧嘩カップルと私。
  4. 「100点以外、全部不合格」という考え方。
  5. 進化は退化の始まりである。

ARCHIVES

  1. ライフスタイル

    【自由に生きる】フリーランスを目指す人に伝えたいこと【働き方改革】
  2. 登山・トレイルランニング

    山ではなく自分と向き合うこと。
  3. ランニング

    【絶景コース】富士山を見ながら河口湖一周ランニングしてきた話【+天上山登山】
  4. 旅行

    【家族旅行】ハワイのアウラニ・ディズニーで、念願のミニーちゃんとツーショットを撮…
  5. ランニング

    【ワラーチの作り方】世界最強のサンダル「ワラーチ」でランニングしてみたら驚くほど…
PAGE TOP