写真・カメラ

最強のスナップシューター『RICOH GR Ⅲ』を持って登山してきた話。

なにか新しいガジェットを買わないと登山のテンションが上がらないという、山が好きなのかガジェットが好きなのか迷走中の今日この頃。

一眼レフのサブ機をGR3に買い替えたので、さっそく山に登ってきた。物語の舞台は南アルプスの北岳。富士山に次いで日本第二位の高峰だ。

最強のスナップシューター『GR』とは?

GRとは、RICOHが発売している高級コンパクトデジタルカメラである。コンパクトでありながらも一眼レフに劣らない画質と性能を持つことから、プロのカメラマンにも愛用されている。

また『最強のスナップシューター』という異名を持ち、ポケットやバッグなどからサッと取り出すことができるため、大切なシーンを撮り逃がすこともない。

2015年にGR2が発売されて以来、今年の春、ついにGR3が発売された。私が以前使っていたのは2013年に発売されたGRなので、6年ぶりの作品となる。

GR3の特徴と登山での活用シーン

GR3の主な特徴と実際に使ってみた感想をまとめた。

とにかく綺麗。一眼レフに劣らない画質。

GR3はコンデジであるが、ミドルクラスの一眼レフに搭載されているAPS-Cセンサーを搭載している。高画質で撮影できるのはもちろんのこと、背景を綺麗にボカした写真を撮ることができる。

また暗所にも強いので、早朝や夕暮れ時も綺麗な画質のまま撮影することができる。

大切なシーンを逃さない。圧倒的な速写性。

とにかく起動が早いのがGR3の特徴の1つだ。「最強のスナップシューター」と呼ばれている理由はここにある。電源ボタンを押すとわずか0.8秒で起動する。一般的なコンデジだと1秒以上かかる。「大して変わらないだろ」と思いがちだが、実際に使ってみるとその差は歴然。電源のON/OFFがまったくストレスにならない。

また、GR3はタッチパネルに対応している。これがものすごく便利。今までの機種はフォーカスしたい場所決まったら、フォーカスポイントをボタンで移動させる必要があった。しかし、GR3では液晶画面にタッチするだけフォーカスが合う。より早くシャッターを切ることができるようになった。個人的にはこの機能が一番嬉しい。

今回の登山で絶滅危惧種のニホンライチョウに遭遇したのだが、GR3の速写性のお陰でシャッターチャンスを逃すことなく撮影できた。

最高のボケ味。マクロ撮影もできる。

GR3はF2.8の単焦点レンズを搭載しているので、背景を綺麗にボカした写真を撮ることができる。コーラを試し撮りしてみた。

また、最短撮影距離が10cmなので被写体にギリギリまで近づくことができる。カフェやレストランで料理にグッと近づくことができるので、余計なものまで写りこまなくて済む。

マクロモードも実装されているので、最短焦点距離を6cmまで縮めることができる。今回の登山では高山植物を撮影する際に活躍した。花のディテールまで美しく撮影することができた。

超軽量+コンパクトだから持ち運びもラク

GR3はとにかくコンパクト。しかも軽い。旅先ではもちろん、少しお出掛けする時にもまったく荷物にならない。私はポケットに忍ばせて出かけることも多い。

トレイルランやサイクリングのような「走る」あるいは「荷物を持たない」スタイルの時も重宝する。トレイルランならベストの胸ポケに、サイクリングならウェアの後ろポケットに入れている。

カメラは取り出しやすい場所に入れておくのが一番良いというのが私の考えである。バッグに入れると撮影のたびに取り出す必要があるため、それが面倒になり、撮影枚数が減ってしまうのだ。すぐに取り出せる場所に入れておけば、撮影枚数も増やすことがきるし、肉体的な負担にもならない。

私が以前使っていたGRと比較してみた(右がGR3)。パッと見ても1cmほど小さく作られているのが分かる。この差は大きい。バッグに入れるのであれ問題にならなくても、ポケットなどに入れる場合は、だいぶ収まりやすくなる。

ボタン一つでWi-Fi接続。スマホへの転送が早い。

カメラで撮った写真をすぐにSNSやLINEで使いたいという場合があると思う。

GR3はWi-Fi機能が搭載されているので、あらかじめスマホのアプリをインストールしておけば、すぐにスマホに画像を転送できる。カメラ横のにあるWi-Fiボタンを押せば、すぐにスマートフォンに転送することができるのだ。

私はテント泊の時は、大切な画像だけスマホに転送してバックアップしている。

三脚までコンパクトで済んでしまう

基本は手持ちでの撮影であるが、朝焼けや夕暮れ時の景色を撮る場合、三脚を使ったほうが圧倒的に綺麗に撮ることができる。

手持ち撮影だとISO感度を大幅に上げる必要があるため、GR3といえどもさすがに画質の劣化が起こってしまう。

一眼レフを使う場合は、雲台や三脚にはそれなりの重みや堅牢性が求めらる。しかし、GRは軽量なので、コンパクトな三脚でも問題なく撮影することができる。上の写真は、早朝4:30に撮影した富士山だ。三脚を使用したため綺麗に撮影することができた。

私が使ってるのは、ゴリラポッドだ。(旧モデル)

これをポケットに入れておけば「あ、今撮りたい」という時に、すぐセッティングすることができる。よほど強風が吹いている場合を除き、本当に便利な代物だ。

自撮り写真もほとんどこの組み合わせで完結させている。「すみません。写真お願いしてもいいですか。」とお願いできないコミュ障の私にとって、GRとゴリラポッドはまさに最強の組み合わせだ。

GR3を買う前に気をつけたい点

GR3は使う人を選ぶカメラだと感じる。そのため、以下の点には注意したい。

ズームができない

GRシリーズ全般に言えることですが、単焦点レンズを採用しているのでズーム機能はない。

「え、じゃあ遠くの物を撮りたい時はどうするの?」という声もあるが、GRは高画質なので、あとでパソコンやスマホでトリミングしても画質を保つことができる。大判印刷するのであれば話は別として、スマホやタブレットで見る分には全く問題がない。

ニホンライチョウに遭遇した時も、離れた場所から撮る必要があった。

写真を見ていただくとわかるが、ほとんど画質が劣化していないのがわかると思う。

バッテリーの持ちが少し不安

今回は1泊2日のテント泊だったが、バッテリーは2本持つか持たないかくらいだった。撮影枚数は390枚。1泊目の就寝時には2本目のバッテリーが切れかかっている状態だった。

もちろんこれは使用する環境によって変わると思う。今回は標高3000mが舞台だったので、夜になるとかなり気温が下がる。その影響でバッテリーの持ちが悪くなったというのも十分考えられる。下界であればもっと持ちは良いはずだ。

縦走などもう少し日程が長い場合は、予備をいくつか持っていったほうが良さそうだ。ただ、バッテリーも軽量でコンパクトなので嵩張ることはない。

GRとの出会いは、一つのブログ。

私がGRを使いはじめたのが24歳の時。一眼レフは持っていたものの、カメラについての知識がほとんどなかった。

そんな時に出会ったのが、サーフライダーさんの[渋谷&恵比寿]ランチ・ジャーナルというブログ。そこに載せられている料理の写真がとても綺麗で「なんのカメラで撮っているんだろう」と気になって調べていると、GRで撮っていることが分かった。

残念ながら現在は更新されていないようだが、私にとっては伝説のブログだ。今でも過去記事をよく読ませていただいている。

まとめ

ここではまだまだ紹介しきれないほど多くの魅力が詰まったのがGR3だ。

カフェで写真を撮りたいけれど、スマホだと物足りないし、一眼レフだと大きくて恥ずかしいという方。すでに一眼レフを持っているけれど、お出かけ用にもう少しコンパクトなカメラが欲しいという方。登山やサイクリングなどで、もっと気軽に写真を楽しみたい方に強くオススメする。

GR3は、撮っていて楽しいカメラだし、最高の一台である。

ABOUT ME
アバター
浅野 弘樹
立川市(東京都)にある女性専門パーソナルトレーニングスタジオ「BEAUTY & STRENGTH」代表 ・全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー ・LCMメンタルケア学術学会認定メンタルケア心理士・カウンセラー