最強のスナップシューター『RICOH GR Ⅲ』を持って登山してきた話。

なにか新しいガジェットを買わないと登山へのテンションが上がらない、山が好きなのかガジェットが好きなのか迷走中の今日この頃です。

一眼レフのサブ機をGR3に買い替えたので、さっそく山に登ってきました。

物語の舞台は、富士山の次に標高が高い、南アルプスの北岳です。

最強のスナップシューター『GR』とは?

GRは、RICOHが発売している高級コンパクトデジタルカメラです。コンパクトでありながら一眼レフに劣らない画質と性能を持つことから、プロのカメラマンにも愛用されています。

また『最強のスナップシューター』という異名を持ち、ポケットやバッグなどからサッと取り出すことができるため、大切なシーンを撮り逃がすことがありません。

2015年のGR2の発売以来、今年の春についに新しいモデルGR3が発売されました。私が以前使っていたのは2013年に発売されたGRなので、6年ぶりのGRになります。

GR3の特徴と登山での活用シーン

GR3の大まかな特徴と、実際の使用感についてです。

とにかく綺麗。一眼レフに劣らない画質。

コンデジなのに、ミドルクラスの一眼レフに搭載されているAPS-Cセンサーを搭載していること。高画質なのはもちろんのこと、背景が綺麗にボケた写真を撮ることができます。

また暗所にも強いので、早朝や夕暮れ時の写真も綺麗な画質のまま撮影することができます。

大切なシーンを逃さない。圧倒的な速写性。

GR3の特徴の一つが、電源ボタンを入れてからの起動が早いことです。その時間なんと0.8秒。通常だと1秒以上かかり「大して変わらないだろ」と思われがちですが、実際に使ってみるとはっきり実感できます。電源のON/OFFがまったくストレスになりません。

また、GR3はタッチパネルに対応しています。これが超便利。今までは、フォーカスしたい場所が決まったら、フォーカスポイントをボタンで移動させる必要がありました。しかし、GR3では液晶画面にタッチするだけでOK。より、早くシャッターを切ることができるようになりました。

今回の登山で、絶滅危惧種のニホンライチョウに出逢ったのですが、カメラの準備にもたもたしていると逃げてしまうため、この点でもGRの速写性が十分生かされました。

ボケ味も充分。マクロも使える

GR3は、F2.8の単焦点レンズを搭載しているので、背景が綺麗にボケた写真を撮ることができます。山でコーラをカッコ良く撮りたいなんて少数派の方にも向いています。

また、最短撮影距離が10cmなので、被写体にギリギリまで近づくことができます。カフェやレストランで、料理にグッと近づくことができるので、余計なものまで入り込まなくて済みます。

登山では高山植物を撮る時に重宝しました。

マクロモードを使えば、最短焦点距離が6cmまで縮むので、花のディテールまで綺麗に撮影することができます。

超軽量+コンパクトだから持ち運びもラク

ここが一眼レフやミラーレスカメラとの大きな違いですが、とにかくコンパクトです。しかも軽い。

旅先ではもちろんのこと、ちょっとお出掛けする時にもまったく荷物になりません。私は、よほど撮りたいものがある時を除いて、一眼レフを持っていくのが面倒な時は、GRをポケットに入れて出掛けたりします。

トレイルランやファストハイク、ロードバイクのように、「走る」あるいは「荷物を持たない」スタイルの時も重宝します。トレイルランならベストの胸ポケットやウエストベルトに収納できますし、ロードバイクならウェアの後ろポケットに収納しておけるので、わざわざ荷物を下ろしてカメラを取り出す必要がありません。

一回一回の撮影の負担を減らすことができるので、撮る枚数を増やすことができます。

私が以前使っていたGRよりも、さらに小さく作られています。(右がGR3)

ボタン一つでWi-Fi接続。スマホへの転送が早い。

撮った写真を、すぐにSNSやLINEなどで使いたい場合があると思います。あらかじめスマホ用のアプリをインストールし、カメラとの紐付けができていれば、あとは簡単です。カメラ横のにあるWi-Fiボタンを押せば、すぐにスマートフォンに転送することができます。バックアップの機能も果たしますね。

登山では、私は休憩中やテントの中で、気に入った写真をSNSにアップしたり、家族や友人に送ったりしています。スマホで撮った写真ではなく、カメラで撮った写真をすぐに使いたいという場合にとても便利です。

三脚までコンパクトで済んでしまう

基本的には手持ちで使いますが、朝焼けや夕暮れ時の景色を撮りたい場合、三脚を使ったほうが圧倒的に綺麗に撮影することができます。

一眼レフなど重量のあるカメラを使う時は、雲台や三脚は、重みや堅牢性のあるものを使う必要があります。

GRは軽量なので、コンパクトな三脚でも問題なく撮影できてしまいます。

朝の4:30に撮影した富士山です。手持ちだとISO感度を大幅に上げなければならないため、さすがに画質の劣化が起こりますが、三脚を使用したため綺麗に撮影することができました。

私が使ってるのが、ゴリラポッドです。(旧モデル)

いちいち三脚を取り出すためにザックを下ろすのって、ものすごく負担じゃないですか? これならザックの横や胸元に装着しておけば、「あ、今撮りたいな」と思った時でも、すぐにセッティングすることができます。

よほど強い風が吹いている時は、ブレてしまう可能性がありますが、そうでない時は大変重宝します。

自撮り写真もほとんどこの組み合わせで完結させています。

「写真お願いしてもいいですか」とお願いできないコミュ障の私にとって、GRとゴリラポッドは最強の組み合わせです。

気をつけたい点

GR3は使う人を選ぶカメラなので、気をつけたい点もあります。

ズームができない

GRシリーズ全般に言えることですが、単焦点レンズを採用しているのでズーム機能はありません。

「え、じゃあ遠くの物を撮りたい時はどうするの?」という声もあるかと思いますが、GRはあまりに高画質なため、あとでパソコンやスマートフォンでトリミングしても、綺麗な画質を保ったままです。

大判用紙にプリントするのであれば話は別として、スマホやタブレットで見る分には全く問題がありません。

ニホンライチョウを撮影する時も、近づくことは出来ないので、離れた場所から撮影する必要がありました。

写真を見ていただくとわかりますが、ほとんど劣化していないのがわかるかと思います。

バッテリーの持ちが少し不安

今回は1泊2日のテント泊での山行でしたが、バッテリーは2本持つか持たないかくらいでした。

下山時はほとんど写真を撮らないので良かったですが、1泊目の就寝時には2本目のバッテリーが切れかかっている状態でした。

撮影枚数は390枚数。標高や気象条件にもよると思いますが、もう少し行程が長い時には、予備をいくつか持っていったほうが良さそうです。

ただ、バッテリー自体も軽量コンパクトに作られているので、何本か持っていったとしてもほとんど負担にはならなそうです。

GRとの出会いは、一つのブログ。

私がGRを使いはじめたのが24歳の時です。

当時、一眼レフは持っていたものの、カメラについての知識がほとんどありませんでした。

そんな時に、サーフライダーさんという女性が書かれている、[渋谷&恵比寿]ランチ・ジャーナルというブログと出会いました。そこに載せられている料理の写真がとても綺麗で「なんのカメラで撮っているんだろう」と気になって調べていると、GRで撮っていることが分かりました。

残念ながら現在は更新されなくなっていますが、私にとっては伝説のブログです。見ているだけで楽しく、今でもよく振り返っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここではまだまだ紹介し切れないほど多くの魅力が詰まったGRです。

カフェやレストランで写真を撮りたいけれど、スマホじゃ物足りないし、一眼レフじゃ大きくて恥ずかしいし、という方。

すでに一眼レフを持っているけれど、お出かけ用にもう少しコンパクトなカメラが欲しいという方。

登山やロードバイクなど、ポケットからサッと取り出したい人など。

GRは、撮っていてとにかく楽しいカメラだし、最高の一台になるはずです。

 

関連記事

  1. 登山・トレイルランニング

    【厳冬期登山】-20度の極寒の八ヶ岳でも熟睡できたISUKAのシュラフ(寝袋)

    冬山には冬山にしかない魅力があります。美しい雪景色や、その上に…

  2. 登山・トレイルランニング

    【六甲全山縦走(須磨浦公園 〜 宝塚)】 孤高の人の軌跡を辿って。(Part4 大阪観光編)

    長かった六甲全山縦走を無事に終え、余った一日で大阪市内を観光することに…

  3. 写真・カメラ

    【超高画質プリンター】Canon PRO-1000で印刷した写真が最高に美しい。

    一眼レフを手にとって8年ほどが経ちます。自分で撮影した写真を、…

  4. 登山・トレイルランニング

    北横岳 (八ヶ岳連峰・厳冬期・日帰り)

    雪山登山の入門として登ったのが『北横岳』です。八ヶ岳連峰の北部…

  5. 登山・トレイルランニング

    【大会レポ】ROCKIN’ BEAR 黒姫トレイルランニングレース2019に参加してき…

    人間というのは非常に欲張りな生き物です。経ヶ岳バーティカルリミットを完…

  6. 登山・トレイルランニング

    【槍・穂高縦走・単独テント泊】第2章 西穂山荘 〜 ジャンダルム 〜 穂高岳山荘

    槍穂縦走2日目。いよいよ国内最難関ルートへの挑戦となります。こ…

Twitter

新着記事

  1. 旅行

    【老舗の京うどん】ふわふわとろとろ卵。創七十年『おかきた』の京うどん。
  2. 旅行

    【山梨の絶景キャンプ場】目の前に富士山!温泉も楽しめる『ほったらかしキャンプ場』…
  3. 登山・トレイルランニング

    【高水三山トレイルラン(東京都・青梅市)】初心者でも楽しめる奥多摩プチ縦走コース…
  4. 登山・トレイルランニング

    【大会参加レポート】善光寺ラウンドトレイル2019に参加してきました。
  5. 写真・カメラ

    【一眼レフユーザー必見】Peak DesignのカメラストラップSLIDEが最強…
PAGE TOP