【国内最難関クラス】難攻不落の『剱岳』に単独登頂した話。

登山者が憧れる山の一つが富山県の剱岳(つるぎだけ)です。

明治時代、日本地図で最後まで埋められなかった前人未到・難攻不落の地として知られています。

登山道が整備された今も、毎年事故が絶えない山です。今まで培ってきた知識と経験を生かし、夏山登山の集大成として単独テント泊で登ってきました。

 新宿 〜 室堂まで

毎日アルペン号(夜行登山バス)を利用しました。夜に新宿駅バスターミナルから出発し、早朝に富山県の室堂バスターミナルに到着。

初日は、立山を経由して、ベースキャンプとなる剱沢小屋まで登ります。立山とは『雄山、大汝山、富士の折立』の三つの山の総称です。写真の後ろに見えるのがそうです(右から順に)。

 

雄山 〜 大汝山 〜 富士の折立を越えて

雄山の山頂で神主さんに祈祷をしていただきました。これから向かう剱岳への安全祈願です。雄山は、富士山、白山と並び『日本三霊山』の一つに数えられています。大汝山と富士の折立を越えて剱沢小屋に向かいます。

剱岳小屋に到着

14:30 剱沢小屋に到着。テントの奥に高く聳えるのが剱岳です。

この日は9月30日。下界ではまだ暑い日が続いていましたが、山はもう冬。標高も3000m近いので、夜は凍えそうなくらい寒かったです。3シーズン用のシュラフを持って来ればよかったことを後悔。翌日に備えます。

剱岳に向けて出発

朝4:00起床。快晴無風。ベースキャンプ式なので荷物は残し、アタックザックに必要な物だけ入れて出発します。早くて往復7時間の予定です。

 

安全確保のために

剱沢小屋を出発してからはすぐに岩場や鎖場の連続です。鎖場には番号が割り振られています。一歩でも踏み外せば大事故(というより死にます)になるので、安全確保のためハーネス・カラビナを装着しています。

容赦無く襲いかかる難所の連続

一服剱、平蔵のコル、前剱、カニのたてばいといった垂直の岩壁がこれでもかというほど続きます。

ボルダリングジムでトレーニングをしてきたので、登ることに関してはさほど恐怖感は感じませんでした。しかし、不安定な岩が意外と多かったので、下から登ってくる登山者に落石をさせないようにすることが一番大変でした。

そういうことも想定して、ボルダリングジムでは「足元を静かに登る」という練習もしました。自分が登ることだけでなく、他の登山者にきちんと配慮できてこそ、登山というスポーツが成り立つと考えています。

悲願の登頂

8:31 剱岳山頂に到着。標高2,999m。登山を始めた頃からずっと夢見ていた場所なので涙が止まりませんでした。

 

最大の難所『カニのよこばい』

登頂して喜ぶのも束の間、下山コースには最大の難所『カニのよこばい』があります。実際に滑落事故も起きています。登りより下山時に事故が多いのが登山です。

無事テン場まで。そして予想外の展開。

11:15 無事に剱沢小屋のテントまで戻ってきました。

この日は室堂バスターミナルの近くまで戻り、雷鳥沢でもう一泊する予定でした。しかし、計画していた時間よりも1時間以上早く戻ってくることができたので、富山駅までのバスが残っていることが判明。そこで、計画を変更して、富山駅まで行き、そこから新幹線で東京駅で帰ることにしました。

富山駅までの道のり。

立山黒部アルペンルートを通って富山駅まで向かいます。バス、ケーブルカー、鉄道を利用した長旅です。なかなかの混み具合。剱岳よりキツかったです。

 

富山名物『富山ブラック』

富山駅に到着。命懸けの一日だったので街の明かりに安心します。以前から気になっていた富山名物『富山ブラック』も頂くことができて大満足です。新幹線に乗って無事に帰宅。

剱岳に登る前に絶対観ておきたい映画

剱岳はその険しさから、日本地図で最後まで埋められることのなかった地。明治時代の話です。

当時の話が、新田次郎さんの『点の記』という小説と映画で描かれています。日本陸軍をはじめとした多くの方々が幾度の失敗を重ね、長い年月をかけてようやく剱岳の登頂に成功するわけですが….

この先の話はロマンでしかありません。初めて観た時はかなりの衝撃でした。同じ映画はあまり二度観ない性格なのですが、剱岳登山を終えて、もう一度観た時は涙してしまいました。山の上でも泣けて、家でも泣けます(笑)

都内の低山から登り始め、地道な努力を重ねてようやく登ることができたので、とても思入れが強い山です。そして、私を一回りも二回りも成長させてくれた山です。今も感謝の気持ちで一杯です。

関連記事

  1. 登山・トレイルランニング

    【大会レポ】ROCKIN’ BEAR 黒姫トレイルランニングレース2019に参加してき…

    人間というのは非常に欲張りな生き物です。経ヶ岳バーティカルリミットを完…

  2. 登山・トレイルランニング

    【槍・穂高縦走・単独テント泊】第3章 穂高岳山荘 〜 大キレット 〜 槍ヶ岳

    槍穂縦走3日目。この日は、北アルプス屈指の難所大キレットを経由…

  3. 登山・トレイルランニング

    【表銀座縦走コース】テントを担いで槍ヶ岳を目指す2泊3日の旅。(part1)

    表銀座縦走コースとは、長野県の北アルプスの代表的なロングコースの一つで…

  4. 登山・トレイルランニング

    赤岳 (八ヶ岳連峰・厳冬期・テント泊)

    冬山登山の締めくくりとして、八ヶ岳連峰の最高峰である『赤岳』に行ってき…

  5. 登山・トレイルランニング

    【厳冬期の天狗岳(八ヶ岳)】-20°の極寒の中、雪山初のテント泊をしてきました。

    1月のはじめに八ヶ岳連峰の『天狗岳』に登ってきました。天狗岳は…

Twitter

新着記事

  1. ロードバイク

    メンテナンススタンドRS-1800が革命的な使いやすさだった。
  2. 登山・トレイルランニング

    【北アルプス秘境の旅(4泊5日)】過酷な裏銀座縦走コースをテントを担いで単独で登…
  3. 登山・トレイルランニング

    富士山を0合目から日帰りで登ったら、想像以上に修羅場だった話。
  4. 登山・トレイルランニング

    【後立山連峰全山縦走】3000m級の稜線で嵐に遭遇して撤退した話。
  5. ランニング

    【ご報告】日本ランニング協会認定ランニングアドバイザーの試験に合格しました。
PAGE TOP