【富士登山(馬返し 〜 剣ヶ峰)】麓から山頂まで日帰りで登ってきた話。

富士山。日本最高峰。日本人であれば一度は登ってみたい山の一つです。

昨年の夏、2回目の富士登山に行ってきました。初めて登った時は5合目からの日帰り(登山装備)。2回目は麓から日帰りで登ってきました(トレラン装備)。日帰りにこだわっている訳ではありませんが、できれば泊まらずに帰ってきたいのでそのためにトレーニングと計画作りをしています。

富士登山は、現在は5合目までバスやマイカーで行き、そこから登りはじめることが一般的です。しかし、それは1964年に富士スバルラインが開通してからの話です。それまでは麓から登らなければなりませんでした。

一つの山を麓から登ることが私にとっての登山の楽しみ方の一つです。富士山は山岳信仰が深く根付いており、歴史の長い山なので、挑戦といえば語弊があるかもしれませんが、富士山を麓から登ってみたいという気持ちは前々からありました。

1合目から5合目までは昔使われていた山小屋や休憩所などの史跡が多く残されています。麓から登ると長い時間がかかり、高い体力レベルも要求されますが、5合目から登った時よりも遥かに富士山という山を楽しむことができました。

早朝に麓の馬返し駐車場を出発して、山頂で御朱印をいただき、お鉢巡りもして、日が落ちる前には戻ってくることができました。

今年はどんな形で富士登山を楽しもうか考えています。

 

関連記事

  1. 登山・トレイルランニング

    【厳冬期の天狗岳(八ヶ岳)】-20°の極寒の中、雪山初のテント泊をしてきました。

    1月のはじめに八ヶ岳連峰の『天狗岳』に登ってきました。天狗岳は…

  2. 登山・トレイルランニング

    山ではなく自分と向き合うこと。

    最近はトレイルランを楽しむようになり、以前のようにテントと食料を担いで…

  3. 登山・トレイルランニング

    【後立山連峰全山縦走】3000m級の稜線で嵐に遭遇して撤退した話。

    ” 突き進むことよりも、撤退する勇気。”登山をする人は…

  4. 登山・トレイルランニング

    【厳冬期登山】-20度の極寒の八ヶ岳でも熟睡できたISUKAのシュラフ(寝袋)

    冬山には冬山にしかない魅力があります。美しい雪景色や、その上に…

  5. 登山・トレイルランニング

    【槍・穂高縦走・単独テント泊】第2章 西穂山荘 〜 ジャンダルム 〜 穂高岳山荘

    槍穂縦走2日目。いよいよ国内最難関ルートへの挑戦となります。こ…

Twitter

新着記事

  1. 旅行

    【京都貴船】お一人様でも楽しめる川床料理『喜らく』
  2. 登山・トレイルランニング

    【槍・穂高縦走・単独テント泊】第1章 新宿 〜 上高地 〜 西穂山荘
  3. ランニング

    ASICS『DYNAFLYTE 3』との出会い。
  4. ライフスタイル

    環境に抗うのではなく、環境に適応すること。
  5. 登山・トレイルランニング

    北横岳 (八ヶ岳連峰・厳冬期・日帰り)
PAGE TOP