登山

槍穂縦走 (単独テント泊・前夜発3泊4日) 最終章

槍穂縦走最終日。待ちに待った下山日です。

4:00出発。本来であればもう登りは終わったはずなのに、想定外の事態で宿泊場所が変わったため、昨日下ってきた道をまた1時間ほど登り返さなければなりません。朝からハードです。

美しい朝焼けを眺めることができました。

槍ヶ岳に戻ってきました。ちょうどご来光を拝むことができました。感動的な美しさ。

飛騨沢カールです。ここからは下り基調。正面に見えるのが笠ヶ岳

日焼け止めを使ってこの日焼け。標高3000mの紫外線の強さを物語っていますね。

顔もパンダ状に日焼け。サングラスをしていたにも関わらず、目も火傷してしまったのか、痛くて開けることができませんでした。プラス10歳くらい老けてます。

10:23 新穂高ロープウェイに到着。無事に下山です。

毎回立ち寄る五平餅さん。ロープウェイのすぐそばにあります。

ここの温泉卵が最高に美味しいわけです。足湯に浸かりながら食べるのが大好きなのです。

4日間、頑張ってくれた足。もうパンパンです。

さて、新穂高ロープウェイから、奥飛騨にある温泉郷平湯温泉にバスで移動してきました。平湯温泉からは新宿までの高速バスが出ていますので、帰りはいつもそれを利用します。

さて平湯温泉での楽しみは主に2つ

最高の飛騨牛。

あんき屋。広々とした空間で美味しい飛騨牛をいただくことができます。

飛騨高山名物、飛騨牛の朴葉味噌定食。とても柔らかく、ご飯と一緒にかきこむのが最高に美味しいのです。山での食事は基本的に炭水化物が中心のため、久々のお肉に感動。

お座敷もあるので、ゆっくり過ごすことができるんです。登山帰りの方には特にオススメです。

【登山での栄養について】

登山でもっとも重要な栄養素は炭水化物。身体を動かすエネルギー源だからです。しかし、山から山を何日もかけて登る縦走では、タンパク質やビタミンミネラルなど、他の栄養素が欠乏するため、疲労の回復が遅れたり、筋肉が減ってしまうことも。わたしは、モンベルから発売されているアミノサミット3500ペプチエイドをいくつか携行するようにしています。前者を休憩中、後者を夕飯時に摂るようにしています。

4日ぶりのお風呂。

美味しい飛騨牛でお腹を満たしたら温泉です。ひらゆの森は男女合わせて16の湯があり、すべてが源泉掛け流し。広々とした露天風呂で疲れたカラダを癒します。

日焼け事件

あまりに激しい日焼けをしてしまったため(特に首と腕)、温泉を楽しむどころか、バンザイをした状態で温泉につかることに。肩まで浸かることができるように対策を講じます。

 

諏訪子SAにて。長い長い4日間が終わりました。まさに試練。人生で一番疲れましたね(笑)なにはともあれ生きて帰ることができたことに感謝します。

日本最難関ルートから無事に生還。挑戦は終わりません。さらなる挑戦に向けて歩を進めるのでした。

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。