登山

槍穂縦走 (単独テント泊・前夜発3泊4日) 第3章

槍穂縦走3日目。

この日は、北アルプス屈指の難所大キレットを経由して槍ヶ岳に向かいます。

昨日よりはラクだろう。しかし、そんな楽観的な予想は一瞬にして打ち砕けるのでした。

起床。

3:00起床。爆睡でした。どこでも寝れない私ですが、登山で身体を酷使すると、たとえ寝床が石や岩でゴツゴツしていても秒で寝ることができます。テントを撤収して4:30に出発。

涸沢岳に到着。

ザイテングラートに差し込む朝陽がとても美しかったです。日本の景色とは思えませんが、日本にもこんなに美しいところがあったなんて感動しました。

徐々に太陽が登り、青空が見えてきました。

涸沢カールです。美しい曲線を描く谷として有名です。

さて、北穂高岳に向けて絶壁のような岩稜を進みます。

絶景の北穂高岳。

7:18 北穂高岳に到着。

遠くに見える鋭利に尖った三角形の山が槍ヶ岳です。この日歩くルートがすべてみえるほどの快晴。最高の縦走日和です。

食の最高峰。

北穂高小屋に到着。北穂高岳の山頂からすぐそばにあります。

この日登りはじめて3時間ほどですが、すでにお腹はグーグー。エネルギーになるカップヌードルをいただきます。気絶するほど美味しかったです。

食事論

ごはんの美味しさは、肉体を酷使した量に比例する。よって、私の中では、山で食べるごはんに勝るものはこの世に存在しないという結論に達している。まさに食の最高峰である。

北穂高小屋は日本で一番高いところにある山小屋だそうです。

いよいよ核心部へ。

 

小屋の方の話によると、前日、この付近で滑落事故があったそうです。安否は分かりませんが、山を愛する同じ人間として複雑な気持ちになります。決して、他人事ではないので、気を引き締めて核心部へ向かいます。

まず現れたのが絶壁に取り付けられたプレートの足場と鎖。落ちたらアウト。No Second Chanceです。慎重に歩を進めます。

泣く子も黙る『飛騨泣き』。

最大の核心部『飛騨泣き』。

岐阜県側はほぼ垂直に切れ落ちているため、かなりの高度感があります。

もう一つの核心部『長谷川ピーク』。


長谷川ピークの由来

諸説ありますが、その昔、長谷川さんという方が滑落し、奇跡的に助かったことから、長谷川ピークと呼ばれるようになったそうです。

11:58 南岳小屋に到着。

味噌ラーメンをいただきました。もう感動でしかありません。最後の一滴までいただきました。ごちそうさまでした。

南岳に到着。

雲の奥が槍ヶ岳です。

中岳に到着。いくつピークを越えればいいのでしょうか。体力が枯渇しつつあります。

15:20 最後のピーク大喰岳(おおばみだけ)に到着。もう歩きたくないです。

いよいよ槍ヶ岳が見えてきました。

槍ヶ岳に到着。そして事件発生。

槍ヶ岳に到着。しかし。ここで事件発生。テント場が一杯という悲劇。金曜日だからでしょうか。小屋に泊まるか、もう1時間歩いたところにある殺生ヒュッテのテント場に泊まるか。

もう歩く気力も体力もありません。とりあえず、この日のうちに槍ヶ岳の山頂には登りたかったので、荷物をすべて置いて山頂に向けて出発。

16:58 槍ヶ岳の山頂に到着。3度目の登頂です。必ずここに来ると決めていました。諦めなくてよかったです。

18:30 殺生ヒュッテに到着。テント装備で来たのに小屋に泊まるのは私の中では有り得ないこと。体調が悪いとか怪我をしたとかであれば仕方ありませんが。まだ歩ける。最後の力を振り絞ってもう1時間歩きます。

結局、この日は14時間登りました。精も根も尽き果てました。翌日は下山日。やっと帰ることができます。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。