登山

槍穂縦走 (単独テント泊・前夜発3泊4日) 第1章

国内最難関ルート。

まさか自分がその舞台に立つとは思いもしませんでした。人生いくつになってもなにが起こるかわかりません。

8月1日 〜 8月4日、北アルプスの穂高連峰(西穂 – 奥穂 – 北穂)槍ヶ岳を縦走してきました。

 

最難関と呼ばれるのは西穂と奥穂の間になります。登山経験の浅い私(1年半)にとってはこれだけでもチャレンジングな話ですが、私は自分自身の限界に挑戦したいため、そこで満足せず、もう一つ国内屈指の難所である大キレットを経由して槍ヶ岳へ向かう計画を立てました。

 

ルート(2018年7月31日 〜 8月1日)
  1. 新宿
  2. 上高地
  3. 田代橋
  4. 西穂登山口
  5. 宝水
  6. 西穂高岳・焼岳分岐
  7. 西穂山荘

 

上高地到着。

23:00新宿発の夜行バスに乗り、翌朝5:00に上高地に到着。

腹が減っては登山はできぬ。

6:00から営業している上高地食堂。この日は5:30から営業していました。美味しい和食をいただき、しっかり登山に備えました。

西穂山荘に向けていざ出発。

7:00 朝日の差し込む上高地。青く美しい梓川。観光客で行き交う河童橋をあとにします。

登山口に到着。

7:46 西穂高岳登山口に到着。新穂高温泉からロープウェイを使う方が多いのか、誰一人とも会いませんでした。西穂山荘まで約4時間の登りです。

20kgの荷物を背負っているため、なかなか脚に効きます。

9:36 宝水に到着。水場です。

10:40 西穂高岳・焼岳分岐に到着。西穂山荘までもう一息。

西穂山荘に到着。

10:57 西穂山荘に到着。ロープウェイを使えば1時間で登れるという発想がなく、最初から最後まで自分の足で登ってこそ登山だ!と、自分で自分を必死に褒め称えます。よく頑張った。

西穂山荘名物西穂ラーメン。最後の一滴までしっかりいただきました。

天候は晴れ。まだ午前だったので、この日はテントを張ってゆっくり過ごしました。夕方になると小屋の支配人の方がテント場まで足を運んできてくれ、その後の天候について詳しく説明してくださいました。しばらく天気が続くので最高の縦走日和とのことでした。とても親切な方でした。

こんな偶然ってあるんですね。

テントの外で夕飯の支度をしていた時のことです。隣のお姉さんに「すいません、もしかして去年、燕岳でお会いしませんでしたか?」と声をかけられビックリ。前の年に表銀座縦走に挑戦した際に、燕岳で仲良くなったお姉さんだったのです。私とは逆ルートですが、大キレットとジャンダルムを縦走してきたそうです。しかもテント泊。すごいですよね。二度ある事は三度ある。またどこかでお会いできたら嬉しいです。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。